pickup
Webデザイナー仕事内容

Webデザイナーの仕事は多岐に渡ります。「デザインだけじゃないの?」と思われるかもしれません。確かに、役割分担が明確な会社であれば、デザインだけに集中できることもあります。

しかし、コーディングやサイトの設計等から携わる場合が多いです。またフリーランスで活動している方は全ての工程を一人で行わなければなりません。

 このページではWebデザイナーの仕事内容、Webデザイナーに必要なスキル、勉強方法について解説をしていきます。Webデザイナーを目指す人は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

Webデザイナーの仕事内容とは?

ここではWebデザイナーの仕事内容を『Webサイトのデザイン』『Webサイトのコーディング』に分けて紹介します。

主なWebデザイナーの仕事内容は、企業や個人などのクライアントから依頼されたWebサイトのデザインを担当することです。クライアントが思い描いているWebサイトを制作できるよう、全体の構成を考えながらデザインを構築していきます。

デザインをするには見やすさや、人を引き付ける要素を盛り込んだサイト作りが重要となり、そのデザインをコーディングしていくことでサイトが完成します。

基本的にコーディングはWebコーダーが行うが、実際の現場ではWebデザイナーがコーディングを行ったりすることが多いと言われています。

Webサイトのデザインとは?

簡単に言ってしまうと色合いや装飾決めです。「Illustrator」や「Photoshop」などのグラフィックソフトを用いてWebサイトの配色やロゴ・アイコンの配置などを決めます。

Photoshop

Photoshopは写真や画像の編集・加工ができるソフトです。

例えばWebサイト上に写真を載せる場合、その写真に余計な物が映り込んでいたりしても自然に消すような操作もできます。他には色調を変えるなど、非常に多彩な調整ができます。

Illustrator

Illustratorではレイアウトやイラスト作成がメインのソフトです。サイトのロゴを作りたいと思ったときなんかにはIllustratorを使って自分で描いていくことができます。

これは点ではなく微小な領域においても線で描かれているため拡大してもモザイクのようにならないことが特徴です。

Sketch

こちらは上の2つとは製造元が違いますが同様の専用ソフトです。

相違点としてはPhotoshopほどの機能性はないものの比較的操作がしやすく動作も軽いことです。

実際に使用される工程としてもPhotoshopIllustratorと似ていますが、簡単なものをすぐに仕上げたい場合には使いやすいです。 

WEBサイトのコーティングとは?

Webサイトを構成する言語であるHTML、CSS、JavaScriptを 使用してコーディングを行います。

HTMLは文章や画像を表示し、CSSは配置、フォント、文字サイズ、色などを指定し、JavaScriptで動きを表 現します。 

最終的なデザイン の調整はミリ単位で行われるため、Webデザイナーには集中力と根気が不可欠です。

企業によってはコーディング部分は全てエンジニアに任せていたりもしますが、Webデザイナーとして働くのであればコーディング技術は身に付けていた方がよいでしょう。

Webデザイナーに必要なスキルと学習方法とは?

Webデザインを行うには専用のグラフィックソフトや、専門言語でコーディングを行うため、それに見合ったスキルや知識がWebデザイナーとして必要になってきます。

Webデザイナーになるための学ぶ方法はいくつかあります。

  • 教本を買い独学で勉強をする
  • 短期などのスクールに通う
  • 学習サイトの利用

教本で学ぶ

Webデザインを学ぶ方法の中で最も種類が豊富なのは本です。

【中古】HTML5&CSS3デザインブック ステップバイステップ形式でマスタ-できる /ソシム/エ・ビスコム・テック・ラボ (単行本)

スクールで学ぶ

スクールの場合は実際に通学するタイプのものや、オンラインで学習を進めることで、短期間で集中して身に付けていくことができます。

夜間や週末だけといった選択もできて、その後の就職支援も利用できるといった利点も大きいと言われています。

また、本格的にWebデザインのスキルを身につけたい人、Webデザイナーを目指したい人にもおすすめと言われています。 

【Failure is inevitable. Success is elusive.】
失敗とは避けられないものであり、成功とは手に入れにくいものだSteven Spielberg (スティーヴン・スピルバーグ)
(米国の映画監督、映画プロデューサー / 1946~)
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事