pickup
ベクトルマスク画像編集

Photoshopで画像編集するとき、拡大縮小をすると画像が荒くなってしまうことありますよね。(;´д`)

そんなときは選択範囲を作成する際に最適なマスク方法があります!

今回はPhotoshopでIllustratorの機能を扱っている様な、ベクトルマスク機能を使った画像編集について初心者の方に分かりやすく説明していきます。

色々な事に応用できますが、写真の加工をする際はとても役にたつのでぜひ活用してみてほしいです。

スポンサーリンク

マスク機能について

マスクをかける画像の上に白黒の選択範囲を作成し、マスク結果の画像が表示される、見せたくない部分を隠すのがマスク機能です。

マスクには様々な種類があります。

マスク機能4種類
レイヤーマスク
画像を直接編集せずに、画像の必要のない部分を白と黒の選択範囲で覆って隠す方法
クイックマスク
ブラシツールで色をつけた所を選択範囲にし、特定の範囲にだけ効果を適用させる方法(線の太さを変えながら選択範囲を決めています)
ベクトルマスク
イラストレーターの様にベクトル(パス)で好きな形をつくって選択範囲にし、画像や写真にマスクをかける方法
クリッピングマスク
複数のレイヤーを使って行うマスクで、レイヤーパネル上でマスクしたい画像の下のレイヤーの形でマスクする事ができる方法

今回は4種類あるマスク機能の中でも選択範囲をパスで作る、IllustratorとPhotoshopの良いところ取りなベクトルマスクについてご紹介したいと思います。

マスクシリーズ第3弾です!

ベクトルマスクとは?

べクトルマスクとは、レイヤーマスク同様に見せたくない部分を覆い隠す機能です。

その範囲(選択範囲)を作成する際lllustratorの様に、ペンツールやシェイプツールを使用してパスやアンカーを操作して選択範囲を作成するマスク方法で、解像度に依存されません。

ベクトルマスクとレイヤーマスクは操作方法などはほぼ同じで、白と黒の濃淡でかけるマスクです。

選択範囲を作成する際にパスで選択するのははベクトルマスク、塗りで選択するのははレイヤーマスクという違いだけです。

使用する目的別で使い分けていくのがポイントです。

使用目的
レイヤーマスク・・・塗りや選択範囲でマスクを作成するので、グラデーションをかけたり、イラストやコラージュなどの制作に使用
ベクトルマスク・・・パスでマスクを作成するので、写真などの切り抜きに使用

レイヤーマスクについての詳しい説明は別記事で説明しているので、合わせてご覧ください

マスクシリーズの記事作成中です!こちらも是非!

ちなみに次回はクリッピングマスク作成予定です(^。^)

ベクトルマスクのメリット・デメリット

メリット

パスデータなので拡大縮小してもマスクが劣化しない。

あとでマスク部分の形状を変えたい場合もパス選択ツールで編集が可能です。Illustratorで描いたパスをPhotoshopでマスクする事も可能です

デメリット

パスの形状でしかマスクする事が出来ないので、境界のぼかしはできるが、グラデーションマスクをかけたりは出来ない。

ベクトルマスクを作成してみよう

パスで選択範囲を作成

ベクトルマスク

ツールパネルからシェイプツール、またはペンツールを選択します。

図ではペンツールを使用しています。

オプションバーでパスを選択します。

図の様に画像の切り抜きたい形のパスを描画します。

周りを縁取っていきます。後で編集ができるのでだいたいで大丈夫です。

Ctrl または commandキーを押しながらレイヤーパネルの下にあるマスクボタンをクリック

レイヤーにベクトルマスクが設定されます。

切り抜き完了です!

選択範囲が反対になってしまう場合
選択範囲が反転してしまう場合は、オプションバーの『パスの操作』を確認しよう
全面シェイプを削除』になっている場合には『シェイプを結合』にすると、上の画像の様に選択した範囲の外側が選ばれます。
(新たにパスを書き直す必要はないです)

ベクトルマスクの編集

ベクトルマスクの編集
レイヤーパネルで編集するベクトルマスクが含まれているレイヤーを選択します。

属性パネルで「ベクトルマスク」ボタンをクリックします。

シェイプツール、ペンツールまたはパス選択ツールを使用してシェイプを編集します。

縁をぼかしてなじませる時も同様にレイヤーパネルでシェイプレイヤーを選択し、属性パネルの「ぼかし」の値を調整します。

背景画像の上に載せてマスクで選択した部分をぼかしてみました。

完成です!

まとめ

以上、Photoshopのベクトルマスクの使い方をご紹介しました。

このように、マスク機能を使えば画像を直接編集することなく、必要のない箇所を隠すことができます。

今回ご紹介した操作方法の他にも色々なやり方があり、工程も人それぞれです。

自分の一番やりやすい方法を是非見つけてみてください(^。^)

初めのうちはどれを使ったらいいか悩んでしまうこともあるかと思いますが、とにかく数をこなせば使い所も自ずと分かってくると思います♪

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
CATEGORY
固定ページ