pickup
スポット修復ブラシツール

せっかく綺麗に撮れた写真に余計な物が写り込んでいてベストショットならず・・・。なんて経験はないですか?

そんな時は、Photoshopのスポット修復ブラシツールを使えば余計なものが簡単に消せちゃうんです!

今回はPhotoshopのスポット修復ブラシで画像を加工する方法を初心者にわかりやすく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

レタッチ機能

画像編集ソフトであるPhotoshopには様々な画像を編集する機能があり、画像データの不要な所を削除する機能をレタッチ機能と言います。

顔写真のシミやほうれい線を消したり、輪郭をシャープにしたり、現実にあるものをなかった事にしてくれる魔法の様なツールです(笑)

レタッチをするにはたくさんの方法があり、目的に合わせてツールを使い分けていくのですが、主によく使用されるのは下記の3つではないでしょうか?

レタッチ機能
  • スポット修復ブラシツール

ツールでドラッグした範囲を周りの色や明るさに合わせて補正するツール

(画像の色の数が多かったり明るさの差が大きい時は不向き)

  • パッチツール

ドラッグで補正する範囲を囲み、囲んだ内側を置き換えたい所にドラッグして補正するツール

(広い範囲の補正に適正。置き換える所の色の明るさの差がある時は不向き)

  • コピースタンプツール

画像をalt+クリックでコピーした所をクリックで貼り付ける。画像の色や明るさを生かして補正ができる。

(コピーする時は補正する所のなるべく近くをコピーし、こまめにコピーする所は変えるのがコツ)

どのツールも少しずつ進めていく事が上手に補正ができるコツです!

今回はこのレタッチ機能の中でも比較的初心者でも扱いやすい『スポット修復ブラシツール』をご紹介していきます。

スポット修復ブラシツールとは?

スポット修復ブラシツールとは、補正したい部分の周りにある画像を自動で解析し、最適な部分の画像をコピーして塗りつぶしを行い表示したくない部分を消してくれる機能です。

Photoshopが自動で写真を合成するので、修正箇所が大きい場合は馴染みが悪く浮いてしまう場合がありますが、自分で色味を選ばず「ブラシでなぞるだけ」という手軽さからレタッチ機能の中では一番お手軽な機能になります。

対象物が比較的小さい物の消去がオススメです!

スポット修復ブラシツールの使い所

・顔にあるほくろやシワの消去・水面に映り込んだものの消去・背景に写り込んだポールや電線などの不要物

スポット修復ブラシツールによるレタッチ

スポット修復ビフォアー
スポット修復アフター

間違い探しの様ですが、皆さんはどこを修復したかわかりますか?(^。^)

正解は「花の後ろの茶色いポールがなくなっていた」でした!

今回はこちらのbeforeの写真を「スポット修復ブラシツール」でafterの様に補正したいと思います!

では早速制作開始です。

制作開始

・Photoshopを立ち上げスポット修復ブラシツールを選択します

スポット修復ツール説明

パネル操作

Photoshopを起動後、画像を直接編集しない様に、新しいレイヤーを作ってから作業をしていきます。(※直接画像を加工してしまうと修復が出来なくなるため)

下の赤丸で新規レイヤーを追加します。

(※このレイヤーに作成していきます)

ツールパネルから『スポット修復ブラシツール』を選択します。

オプションバーでモードを「置き換え」種類を「コンテンツに応じる」にして、「全レイヤーを対象」にチェックを入れます。

ブラシの太さを変更出来ます。

・スポット修復ブラシツールで補正したい箇所を塗っていきます

スポット修復ブラシツールレタッチ

パネル操作

消したい画像の上でスポット修復ツールでドラッグしていきます。

ポイントは一気に補正しようとせず消したい所の端から順番に、ブラシの太さを細めにして少しずつ進めていきます。

大胆に消そうとすると、周辺と馴染まなくなり画像にモヤモヤした違和感が出ます。

 

茶色のポールを消す事が出来ました!

応用編

  • 今度は一度消したポールを元に戻してみたいと思います
スポット修復ブラシツール編集

パネル操作

背景レイヤーの目のマークをクリックして非表示にすると先程レタッチした所だけ表示出来ます。

(※画像の様な白とグレーの模様になります)

消しゴムツールを選択してレタッチした部分を消していき、全て消し終わったら、再度背景レイヤーを表示させるとレタッチした部分は元に戻っています。

いかがですか?画像のレタッチは初級から上級までとても幅が広いですが、その中でもスポット修復ブラシツールは初心者にとても扱いやすいですが、レタッチ後の画像をフォトグラファーなどの画像のプロの方が見ると気づかれちゃうかもしれませんが(笑)

Photoshopにはまだまだ補正機能が沢山あり、どんなものでも消してしまうツールもあるのでまた次回ご紹介したいと思います。

まとめ

画像の補正をしていると、『どこまでやっていいか』『どのくらいがちょうどいいか』など目安がわからなくなる事が多々ありますが、そこは自分が「いい感じだな」と思ったところが正解でいいと思います。

この様な画像の編集やレタッチなど個人の好みが大きく関わる事には正解がなく、人それぞれ感じることも違うのでそこが面白いところでもあり、難しいところでもありますね!(^。^)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事