pickup
クイックマスクの画像合成方法

マスク機能は元の画像データはそのままに、見せたくない部分に色をつけて選択範囲にし、覆って隠す便利機能です。

Photoshopのクイックマスクモードを利用することで、画像の一部を保護して作業をしやすくすることができます。

今回は、いろんなマスク機能がある中でもクイックマスクという機能を使った画像の合成方法を初心者向けに説明したいと思います。

マスク機能シリーズ第2弾です!(^。^)

スポンサーリンク

Photoshopのマスク機能

マスクの種類

クイックマスクやレイヤーマスクなどのマスク機能は、画像合成時やイラスト制作時に大変役に立ちます。

マスクの本来の目的は、画像を消さずに思い通りの形に切り抜いて、いつでも編集ができるという事です。

目的に合わせたマスク機能をうまく使い分ける事で、格段に写真やイラストのマスクの作業効率があがります。

    マスク機能4種類
    レイヤーマスク
    画像を直接編集せずに、画像の必要のない部分を白と黒の選択範囲で覆って隠す方法
    クイックマスク
    ブラシツールで色をつけた所を選択範囲にし、特定の範囲にだけ効果を適用させる方法(線の太さを変えながら選択範囲を決めています)
    ベクトルマスク
    イラストレーターの様にベクトル(パス)で好きな形をつくって選択範囲にし、画像や写真にマスクをかける方法
    クリッピングマスク
    複数のレイヤーを使って行うマスクで、レイヤーパネル上でマスクしたい画像の下のレイヤーの形でマスクする事ができる方法

    この便利なマスク機能はPhotoshopだけでなく、Illustratorや、Clipstudioなどの画像編集ソフトに多く搭載されています。

    他にも無料の画像編集アプリにもマスク機能は搭載されている事が多いです。

    無料画像編集アプリ
    Adobe PHOTOSHOP EXPRESS EDITOR
    切り抜き、色調補正、角度補正、赤目修正のほか、基本的な画像編集機能を一通り備えた高機能が魅力的です。
    Pixlr Editor
    レイヤー、マスク、フィルター他一般的な機能が使えます。デメリットとして、オフラインでは使用できないことが挙げられます。

    クイックマスクとは?

    クイックマスクとは細かいところまで範囲指定ができる手法の一つで、範囲指定した部分を見易く表示させることができます。

    簡単に言うと写真の一部分に「素早く」「マスキング 」を行なう操作です。

    ブラシツールで細かい部分まで指定することができるようになるので、イラスト制作の際など細かい塗りつぶしの範囲を選択するのにとても便利です。

    クイックマスクで選択範囲を作成する事ができれば簡単にワンクリックで複雑な選択範囲を作成する事ができる、慣れればとても簡単で便利な機能なのです。

    他にもクイックマスクモードを使用して選択範囲を作成した後、色調補正など、画像の一部分だけを明るくしたり暗くしたりなどの画像編集も可能です。

    クイックマスクを使った画像の合成方法

    画像の準備

    クイックマスク説明

    クイックマスクを使って、画像の細かい部分まで選択範囲を作ります。

    Photoshopを起動したら、編集したい画像を開きます。

    今回は黒丸のロゴを画像の上に載せてみます。

    下の画像の表示はナシにしておきます。

    レイヤー構成は図のとおり。

    図の赤丸レイヤーが背景にしたい画像で、その上にロゴのレイヤーが表示されています。

    クイックマスクモードをオンにする

    クイックマスク編集

    クイックマスクを適用します

    レイヤーパネルのロゴのレイヤーを選択して、ツール下の「クイックマスクモードで編集」をクリックしてオンにします。

    選択していない部分が赤い半透明の赤のカラーオーバレイになりました。

    カラーオーバーレイ

    オーバーレイとは、「重ね合わせる・覆う」などの意味がある言葉です。

    簡単に言えば、色を瞬時に変更できる機能です。
    この機能の良い点は、色を何度でも簡単に変更できる点です。
    赤から緑、緑から黒など失敗した時やイメージと異なる時は塗りつぶしツールで色を塗るよりもこちらの機能をつかったほうが、何度でも変更できるので安心です。

    この赤くなってる部分が保護されている部分で、赤くなっていない部分が保護されていない部分になります。

    ブラシツールで選択範囲を作成

    クイックマスク選択

    選択範囲を描画色が黒の状態でブラシで塗っていきます。

    逆に、選択範囲を増やしたい場合は、描画色が白の状態でペイントし、減らしたい場合は黒で塗っていきます。

    描画色と背景色の入れ替えは図の赤丸(描画色と背景色の入れ替え)からできます。

    ブラシのショートカット
    alt を押しながら左右に右クリックでドラッグ : ブラシサイズの変更。
    alt を押しながら上下に右クリックでドラッグ : ブラシのぼかしのサイズ変更。
    Macの場合はaltの代わりにControl+optionを押しながらドラッグでOKです。

    綺麗に塗れるまでこの工程を繰り返します。

    (マウスで塗りにくい方はペンタブで塗るとめちゃ綺麗に塗れます)

    ブラシで塗れたらクイックマスクモードをOFFにします。

    選択範囲が作成されました!

    レイヤーマスクや調整レイヤーで色を変更する

    クイックマスク完成

    選択範囲ができたらレイヤーマスクを追加します

    ロゴレイヤーを選択後赤丸のレイヤーマスクを追加をクリック

    ロゴの部分だけが選択されます。

    最後に背景の表示を戻せば完成です!

    レイヤーマスクについては別記事で詳しく説明しています。

    こちらも合わせて読んで頂くとよりマスク機能について分かりやすいと思います。

    クイックマスクのオプション変更

    ツールパネルのクイックマスクモードで編集ボタン をダブルクリックし、次の「着色表示」オプションから選択します。
     クイックマスクオプション
    マスク範囲に色を付ける
    マスク範囲をブラック(不透明)、選択範囲をホワイト(透明)に設定します。
    ブラックでペイントするとマスク範囲が大きくなり、ホワイトでペイントすると選択範囲が大きくなります。
    このオプションを選択すると、ツールパネルにあるクイックマスクボタンがグレーの背景に白マル で表示されます。
    選択範囲に色を付ける
    マスク範囲をホワイト(透明)、選択範囲をブラック(不透明)に設定します。
    ホワイトでペイントするとマスク範囲が大きくなり、ブラックでペイントすると選択範囲が大きくなります。
    このオプションを選択すると、ツールパネルにあるクイックマスクボタンが白の背景にグレーのマルで表示されます。

    新しいマスクカラーを選択するには、カラー選択ボックスをクリックし、新しいカラーを選択します。

    不透明度を変更するには、0 ~ 100 %の値を入力します。

    カラーと不透明度の設定はどちらもマスクの外観に影響するだけで、その下の領域を保護する方法には影響ありません。

    これらの設定を変更すると、マスク領域を見やすくできます。

    まとめ

    いかがでしょうか?クイックマスクは複雑な選択範囲を作成するのにとても最適です。
    マスク機能にも様々な種類があるので、目的に合わせて素早く操作する事ができれば作業スピードアップにもなると思います。
    たくさんある選択範囲作成方法で、どれが一番自分に合っているか、まずは自分なりにPhotoshopを触って作業順や、やり方などを探ってみるのもいいかもしれません。
    きっと、何か新しい発見があるのではないでしょうか(^。^)
    スポンサーリンク

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事