pickup
模様のパターン化

最近バナーなどの製作物を作成する事が多く大変光栄です(´∀`)

そんな機会に恵まれる中、ふと色々な模様のパターン画像が欲しくなる事があります♪

そこで今回は、Photoshopの塗りつぶしツールを使用して、ボーダーや、ドット柄などの模様を最速で作成する方法をPhotoshop初心者の方に向けてご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

パターン化して塗りつぶしツールで模様を作成する

塗りつぶしツールで模様が作成できるの?」と疑問に思うかもしれませんが、ただ塗りつぶすだけで模様を作成する事ではなく、模様の基本となる図形をアートボード上で作成して置いて、『パターンの定義』から模様をパターン化して塗りつぶしツールで塗りつぶす方法で模様を作成します。

模様パターンを作成する際はこの方法が一番最速で簡単で私的にはオススメです(^_^)

それでは早速説明していきたいと思います!

作成方法

ボーダー

ボーダー完成図

こんな感じの簡単なボーダーを作成してみたいと思います!
一度パターン化してしまえば色々な範囲に塗りつぶしができ、繰り返し使えるので大変便利です(^_^)
パターンの作成

パターンの作成

・まずはPhotoshopを立ち上げ、ボーダーを作成するためのアートボードを作成します。

今回は横100px、縦30pxのアートボードを作成しました。

長方形ツールを選択し、アートボード上をクリックすると、『長方形を作成』パネルが出てくるので横100px、縦15pxの長方形を作成します。

※規則正しいボーダーを作成する為に数値を正確に入力します

塗りつぶしツールを選択し作成した長方形に色をつけます。

色の変更は黄色四角部分で変更できます。

の『水平方向中央揃え』『上端揃え』で作成した長方形を整列しておきます

これで模様の元となる図形が完成しました!

パターンを定義

パターンを定義

次に先程作成した図形をパターン化します。

メニューの編集』から『パターンを定義』を選択すると、『パターン名』パネルが表示されるので、パターン名をボーダーにしておきます。

これでパターン化ができました(^∇^)

あとは、ボーダーで着色したい時に『塗りつぶしツール』を選択して上部に表示されるを『パターン』に変更すると先程つけたパターン名(ボーダー)が表示され、そちらを選択してから着色したい部分をクリックするとボーダー模様で着色できます!

他にもアイデア次第で色々な模様を作る事ができるのでご紹介していきます♪

アレンジパターン

ドット作成

ドット柄を作成

先程は長方形でボーダー柄を作成しましたが、楕円形ツールで縦25px横25pxの正円を3つ作成してドット柄を作る事もできます。

先程同様『パターンを定義』でパターン化して塗りつぶしをしました。

チェック柄

チェック柄を作成

同様にチェック柄を作成する事もできます!長方形ツールで縦10px、横100pxの長方形を1つ、縦2px、横100pxの長方形を2つ、縦30px、横5pxの長方形を3つ作成し黄色に塗り潰します。

同様に水色で縦2px、横100pxの長方形を1つ、縦30px、横2pxの長方形を4つ作成し整列させます。

あとはパターン化して塗り潰します♪

まとめ

いかがですか?

『パターンを定義』で作成した図形を一度パターン化しておくと様々な場面で再度使う事ができ、最速で柄が作成できるので、初心者の方にはオススメの方法だと思います。

たくさん図形をパターン化して柄をストックしておくのも作業効率の短縮になると思います(^o^)/

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事