pickup
レベル補正画像加工方法

写真を撮ったときに全体的に暗かったりボヤけている事ってありますよね?

そんな写真を画像補正して編集する機能がPhotoshopにはあります。

どれも似たような機能に感じますが、各機能にはそれぞれ目的別に使い分けていくといいでしょう!

今回は沢山あるPhotoshopの画像補正の機能の中から『レベル補正』で画像の明るさを調整する方法についてbefore.afterの画像を用いて初心者の方にわかりやすく説明したいと思います。

スポンサーリンク

Photoshopの画像補正機能

色調補正とは?

色調補正には4種類の方法があり、花や風景を色鮮やかに見せたり、ショッピングサイト上の食べ物を美味しそうに見せたりなど、ほとんどこのPhotoshopの色調補正を使用して加工しており、それぞれ仕上がりや目的に合わせて選択し加工します。

Photoshopの色調補正を使用すれば、誰でも簡単に画像補正が可能です。

そんな画像の明るさや彩度を変える際に使用する『色調補正』はフォトグラファーさんやクリエーターさんにとって欠かす事のできない機能です。

色調補正4種類
・明るさ・コントラスト
画像全体の明るさを変えたり、コントラストを指定できる。(※コントラスト・・・明るい所はより明るく暗いところはより暗くする事)
・レベル補正
画像の明るい所(ハイライト)と暗い所(シャドウ)のバランスを調整できる。
・トーンカーブ
画像の明るさを色別(RGB・レッド・グリーン・ブルー)に調節できる。
・露光量
画像の全体的な明るさを調整する。

写真の画像編集は素人が少し扱う程度なら「明るさ・コントラスト」くらいの設定で事足りると思います。

上記で書いたようにレベル補正や、トーンカーブはフォトグラファーやクリエイターには欠かせない専門的な機能ですが、今回の記事では細かな設定はせずに、初心者の方でも簡単に色調補正ができる方法をご紹介しているのでご安心を(^。^)

レベル補正で画像の明るさを調整する

レベル補正とは?

『レベル補正』とは画像の明るい所(ハイライト)と暗い所(シャドウ)のバランスを調整できる機能で、明るさやコントラストを直感的に補正できるのが大きなメリットです。

プロの現場では画像補正をする際にはこの『レベル補正』と『トーンカーブ』を使う事が多いです。

初心者の方が少し触る程度なら『明るさ・コントラスト』の設定だけで事足りる事もあると思いますが、少し慣れてくるとこの『レベル補正』を使って狙った表現をしたくなる事もあるのではないでしょうか?

しかしながら、基本的な操作はすぐにできる反面、パネルの設定項目が多いとどれを選択して何が正解なのかわからなくなる事があります。

でも、正直言って正解なんてありません!

美的な感覚は人それぞれ違うので自身がいいと感じればそれが正解でいいと思います。

少しでも自分が「いいな!」と思える写真に近ずけるには色々な写真や風景などをみて見聞を広げることが一番だと思います(^○^)

早速メニューバーからイメージ→色調補正から『レベル補正』を選択しレベル補正パネルを表示します。

各項目の名称と説明

レベル補正の項目

こちらのパネルの説明を下記でしていきます!

①入力レベル

この入力レベルスライダで主に明るさの設定をしていきます。(左からシャドウ、中間調、ハイライトのスライダ)

3つとも左に動かすと明るくなり右に動かすと暗くなります。

人物の顔の明るさはそのままで髪の明るさだけ暗くする時に使用したり背景を明るくして選択範囲を作成しやすくする場合に主に使用します。

②出力レベル

シャドウやハイライトの明るさを変更し画像のコントラストを弱めるよう作用します。

色変換で白を黒にしたい場合や、ネガっぽい表現を狙う場合など、少々特殊な場合での出番が多いです。

▲を右にドラッグすると、画像の暗い部分が明るくなりコントラストが弱まります。

△を左にドラッグすると、明るい部分が暗くなりコントラストが弱まります。

③プリセット

8項目の中で好みの設定にすることができます。

基本はカスタムでいいと思います。

④チャンネル

レッド、グリーン、ブルーの別々にレベル補正を施します。

わずかに色調を変えたいものの、あまり望み通りの調整ができないときに、ほんの少し色を調整したりします。

使用例としては、青空が白飛びしてしまった場合などに使ったりします。

⑤自動補正

Photoshopオススメの補正結果にしてくれます。

初心者の方はまずはここをクリックして自分好みにしていくといいかもしれません(^。^)

⑥オプション

「⑤自動補正」を使ってもも希望通りの結果にならないこともあります。

そんな時に「⑤自動補正」をする前に、「自動カラー補正オプション」で自動補正のかけ方を設定します。

「アルゴリズム」から結果が好みに合うものを選びます。

「ターゲットカラーとクリッピング」欄のシャドウを真っ黒より少し薄く、ハイライトを真っ白でなくうっすら灰色にすれば、黒つぶれ白飛びをさせずに済みます。

⑦スポイトツール

・Aシャドウスポイト・Bグレースポイト・Cハイライトスポイト

シャドウスポイトで画面をクリックするとそこがシャドウポイントになり、ハイライトスポイトでクリックしたところは最も明るくなります。

クリックする所によって画像が真っ黒、または真っ白になるので選び所に注意です。

設定方法

レベル補正before
レベル補正after

こちらの素人の撮った全体的に少し暗い写真を使って画像補正をしていきたいと思います!

イメージから色調補正→『レベル補正』を選び、パネルに表示された『入力レベル』の黒い三角のスライダーで主に設定します。

真ん中の三角を左に動かすと明るくなり右に動かすと暗くなります。

右に限界まで振り切ると真っ黒になり、左に限界まで振り切ると真っ白になります。

beforeの時点では1.00だったのに対し明るさを出したかったので左に1.75まで動かしてafterの画像の明るさにしました。

左右の三角も同様に動かすと画面の明るさが変わります。

この明るさのレベルの分布を表したグラフを『ヒストグラム』と言って画像を構成する要素(ピクセル)で明るい部分と暗い部分がどのくらいあるか表しています。

(明かるさの分布は0〜255まで選べます)

この、『ヒストグラムの理解』ができるかできないかで写真の補正がちゃんとできるかできないかが決まると思います。

ヒストグラムについて
ヒストグラムは、各カラーの明るさのレベル別にピクセル数をグラフ化し、画像内のピクセル分布を示したものです。ヒストグラムには、シャドウ(ヒストグラムの左側部分)、中間調(ヒストグラムの中央)およびハイライト(ヒストグラムの右側部分)のディテールが表示され、画像に適切な補正を行うための十分なディテールがあるかどうかを判断できます。

ヒストグラムからは、画像の色調範囲または画像のキータイプをすばやく識別することができます。ローキー画像は、ディテールがシャドウに集中し、ハイキー画像はハイライトに集中します。アベレージキーの画像は、中間調にディテールが集中します。色調範囲が全体に広がった画像は、全領域にピクセルが分布しています。色調範囲を確認することは、適切な色調補正の判断に役立ちます。

まとめ

いかがでしたか?

明るさ・コントラストに比べると「少し上級者向きかな?」と感じるレベル補正ですが、パネルの選択項目が多いだけで、それぞれの機能の特徴と効果さえ理解していれば、ある程度は自分の狙った表現に少しでも近ずけるのではないでしょうか?

まずは画像補正の数をこなしてとにかく慣れていく事が大事だと思います!

正解がない制作物を作り上げるのは画像加工に限らず難しいものですが奥が深いですね╰(*´︶`*)╯

今回のレベル補正が「少し難しい」と感じるかたは『明るさ・コントラスト』について書かれた記事から見てもらえるとわかりやすいと思います。

こちらもぜひご覧ください!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事