pickup
イラレ不透明マスク

この記事を見ているあなたはIllustratorのマスク機能をどれくらい使いこなせていますか?

今回は画像の一部を塗りの明暗を使って表示範囲を選択できる『不透明マスク』の基本的な操作方法を初心者にも分かりやすく説明していきます。

比較的簡単な機能なので初心者でもすぐに扱えて覚えておくと大変便利な機能です。

スポンサーリンク

Illustratorのマスク機能

マスク機能とは?

Illustratorには画像の一部分を表示して切り抜いた様に見せる機能『マスク機能』という機能があります。

マスクとは、元の画像の上に切り抜きたい形を配置し、その形にそって表示させる機能です。

元の画像を変更せずに切り抜きが行えるとで、後に修正が必要になってもマスク部分を変更するだけでいいので非常に効率がいいです。

そんな画像データを直接加工せずマスクを使い表示や加工をする事を非破壊加工と言い、マスクを扱う最も大きなメリットです。

Illustratorのマスク機能には2種類あり、目的に合わせて使い分けます。

Illustratorのマスク機能
  • クリッピングマスク
    表示させたい領域にマスクするオブジェクトを作成し、そのオブジェクトの形に画像を表示させる
    (マスクにしたいオブジェクトに塗りの色がついていてもマスクを設定後透明になり、オブジェクトの形で画像が表示されます)
  • 不透明マスク
    表示させたい領域にマスクする白黒グラデーションのオブジェクトを作成し画像を表示させる(明色を表示し、暗色を表示しないマスクで、出来上がった画像はグラデーションがかかります)

今回は『不透明マスク』について詳しく説明していきたいと思います。

Illustratorのもう一つのマスク機能である『クリッピングマスク 』については別記事でご紹介しています。

こちらもとても簡単で初心者の方でも扱いやすい機能なので是非ご覧ください♪

不透明マスクとは?

不透明マスクは色の明暗で表示させたい部分にマスクをかける機能で、グラデーションをかけてマスクをかけたいときにとても便利です。

選ぶ色によって濃淡や明度や彩度が違うと表示される範囲が変わってきて思う様な仕上がりになりにくいので、極端に明暗の差がある『白と黒』でマスクをかけるのがオススメです。

グラデーションをかけずに使用すると、仕上がりは『クリッピングマスク 』の様にオブジェクトで選択した範囲のみが、切り抜かれたかの様に表示されます。

クリッピングマスク では色の明暗で選択範囲を指定できないので、画像をモヤっとした感じに表現したいときや、表示したい部分をグラデーションでだんだん透明にしたい時などは『不透明マスク』がオススメです。

早速操作方法をご紹介していきますね(^○^)

操作方法

不透明マスク元画像

元画像

今回はこちらの画像を使って、鳥の部分だけを丸く表示させたいと思います。

Illustratorを立ち上げマスクをかけたい画像を表示させます。

不透明マスクグラデーション

グラデーションの円を作成

グラデーションのかかった円を作成します

1.楕円形ツールを選択後表示させたい部分にドラッグで円を作成して配置します。

2.円にグラデーションをかけます。

※グラデーションパネルが表示されていないときはメニューバーの『ウィンドウ』から選択できます。

グラデーションツールを選択後、先程作成した円をクリックするとグラデーションがかかります。

3.グラデーションパネルの種類からグラデーションの形状を選択します。

今回は円状にグラデーションをかけたかったので円形グラデーション』を選択しました。

4.グラデーションの濃淡を調節します。

白い四角を左右にドラッグで調節します。

グラデーションの濃淡で表示範囲を指定
左に行くほど白い範囲が多くなって不透明になり表示範囲が広くなる
右に行くほど黒い範囲が多くなって透明になり表示範囲が狭くなる
不透明マスク3

マスクを作成

マスクを作成します

5.画像とグラデーションをかけた丸両方を選択します。

選択ツールでどちらかを選択後、もう一方をShift+クリックで両方を選択した状態で、『透明パネル』からマスクを作成』をクリックします。

円の周りにグラデーションがかかった状態で鳥が表示されました!

次にマスクの表示範囲と画像の表示範囲の修正方法をご紹介します。

表示範囲を修正

不透明マスク表示範囲変更

表示範囲の変更

まずはマスクの表示範囲を修正します

選択ツールを選択後、透明パネルからマスクを選択して、真ん中にあるリンクマークをクリックしてリンクを解除します。

リンクの有無
  • リンクあり
    鍵マークが繋がり、マウスポインターがに乗った時『アートにリンクした不透明マスク』と表示される
  • リンクなし
    鍵マークに斜線が表示され、マウスポインターがに乗った時『クリックして不透明マスクをアートにリンク』と表示される

③アートボード上のマスクの位置をドラッグして変えてみると、画像はそのままにマスクのみを移動できます。

同じ様に、画像の表示範囲を変更する時は、画像の方を選択して位置を変えるとマスクはそのままに画像を移動する事ができます。

ちなみに、不透明マスクは画像だけではなくパスでできたオブジェクトにも掛ける事ができます。

例えば、Illustratorのペンツールなどでイラストを書いた物に、新規レイヤーにマスクをかけたいオブジェクトを作成して、マスクをかけて見せたい部分だけを表示させたりも可能です!

不透明マスク機能が使いこなせる様になると、色々な事ができる様になるので、制作の幅が広がると思います!

まとめ

いかがですか?

不透明マスクを使えばこんなに簡単にグラデーションのかかった画像が作れちゃうので、IllustratorでのPOPやバナー作成時に大変役立つ機能だと思います!

色の明暗でマスクのかかる範囲が分かるので、初心者の方でも分かりやすくとても扱いやすいと思います(^。^)

不透明マスク』はPhotoshopの『レイヤーマスク 』と同じ原理になるので、こちらも合わせてご覧になると分かりやすいかもしれません。

是非ご覧くださいね♪

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事