pickup
イラストレーター整列

今回は初心者の方に向けてIllustratorの整列・分布機能について詳しく説明していきます!

Illustratorで文字や図形をきっちり揃えたい!

自分を信じて目で揃えると必ずズレが生じます・・・。

そんなときは整列機能が便利です(^-^)

整列パネルには色々な機能があり、使い始めた頃にはいまいちその使い方がわかりませんでした。

オブジェクトとは?
オブジェクトとは一般的に物体・対象・目的のことを指します!
今回のIllustratorでは、整列をさせる物体を指していいます。
スポンサーリンク

整列パネル・整列機能とは?

整列機能とは、複数のオブジェクトを整列する機能です。

Illustratorにはオブジェクトなどを正確な位置で揃えたり、等間隔で並べたりすることができる整列パネルがあります。

名刺作成や書類の作成時などに文字の行間を揃えたい、ロゴを中心に揃えたいなど、規則正しい位置に等間隔で並べたい時などにこの機能を使用します。

整列パネルが表示されていない場合は、ウィンドウメニュー→整列パネルの表示で整列パネルを表示させることができます。

整列の基準

選択基準

整列をさせる基準の位置→「選択範囲に整列」「キーボードに整列」「アートボードに整列」の3つがあります。※上記の図の黄色参照

今回は選択範囲内で整列させる方法で説明していきます!

・選んだオブジェクトの中の1つを基準に整列する時は整列させたいオブジェクトをクリックしてから整列を指定

・アートボードを基準に整列させるときは、図の様に整列パネルの右下、整列の項目を『アートボード』にしてから整列を指定

・キーオブジェクトに整列はオブジェクトを全て選択し、基準となるオブジェクトを選択すると太いフチが表示され、「キーオブジェクト」となります。
そのオブジェクトを基準に整列がかけれます。

整列の種類

選択基準

整列の種類「オブジェクトの整列」「オブジェクトの分布」「等間隔に分布」の3つがあります。※上記の図の赤線を参照

オブジェクトの整列
オブジェクトの整列

①水平方向左に整列

オブジェクトの左端を軸にタテに揃います。(オブジェクトの端を左揃え)

②水平方向中央に整列

オブジェクトの中心を軸にタテに揃います。(オブジェクトを中央揃え)

③水平方向右に整列

オブジェクトの右端を軸にタテに揃います。(オブジェクトの端を右揃え)

④垂直方向上に整列

オブジェクトの上端を軸に横に揃います。(オブジェクトを上揃え)

⑤垂直方向中央に整列

オブジェクトの中心を軸に横に揃います。(オブジェクトを中央揃え)

⑥垂直方向下に整列

オブジェクトの下端を中心に横に揃います。(オブジェクトを下揃え)

オブジェクトの分布

オブジェクトの上下左右の端や中心の距離を均等にする機能です(端から端を均等にしないので注意)

オブジェクトの分布

①垂直方向上に分布

オブジェクトの上端を基準にして均等に配置します。(オブジェクトの上端揃え)

②垂直方向中央に分布

オブジェクトの中央を基準にして均等に配置します。(オブジェクトの中心揃え)

③垂直方向下に分布

オブジェクトの下端を基準にして均等に配置します。(オブジェクトの下端揃え)

④水平方向左に分布

オブジェクトの左端を基準にして均等に配置します。(オブジェクトの左揃え)

⑤水平方向中央に分布

オブジェクトの中央を基準にして均等に配置します。(オブジェクトの中心揃え)

⑥水平方向右に分布

オブジェクトの右端を基準にして均等に配置します。(オブジェクトの右揃え)

等間隔に分布

オブジェクトの端から端の距離を均等にする機能です。

等間隔に分布
等間隔に分布

①垂直方向等間隔に分布

オブジェクトとオブジェクトの間を縦に均一にします。(行間を縦に揃える)

②水平方向等間隔に分布

オブジェクトとオブジェクトの間を横に均一にします。(行間を横に揃える)

等間隔に分布は、図の黄下線に数値を入力するとオブジェクト同士の間隔(距離)の値を設定することができます。

※間隔を指定するには、基準のオブジェクトを指定してから行います。

まとめ

いかがでしたか?

整列パネルを使うとワンクリックで簡単に文字や図形が綺麗に揃います

デザイナーは目で見た感覚的なものだけでなく、必ず誰が見ても綺麗に見える位置で配置整列をしていかなければ一人前とは言えません。

複数コピーしたオブジェクトを一気に等間隔に整列させたり、整列パネルを使いこなせる様になると作業スピードも格段に上がるのではないかと思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事