pickup
フィルターギャラリー

今回は『絵を描くのが苦手だな』という方必見!

写真をPhotoshopの『フィルターギャラリー』を使って、手書き風に加工するオススメ方法をご紹介していきたいと思います(^○^)

この機能を使えば、簡単に写真を水彩画や鉛筆画の様な加工にできますよ♪

まずはフィルターギャラリーについてお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク

フィルターギャラリーとは?

フィルターギャラリーとは画像に色々な特殊効果をつけて加工する機能で、写真をイラスト風にしたり、モザイクタイル風にしたり、様々な効果をつけて画像を加工する機能です。

フィルターギャラリーには様々な特殊効果があり、目的に合わせて選択します。

今回はこちらの『アーティスティック』の中から赤字の項目の特に使えて手書き風に見えるオススメ効果を6つピックアップして紹介していきます。

アーティスティック
・エッジのポスタリゼーション・カットアウト・こする・スポンジ・ドライブラシ・ネオン光彩・パレットナイフ・フレスコ・ラップ・色鉛筆水彩画・粗いパステル画・塗料・粒状フィルム
その他にもPhotoshopのフィルターギャラリーには、色々な加工ができる機能が沢山あります。
スケッチ
・ウォーターペーパー・ギザギザのエッジ・グラフィックペン・クレヨンのコンテ画・クロム・コピー・スタンプ・チョーク・木炭画・ちりめんじわ・ノート用紙・ハーフトーンパターン・ブラスター・浅浮彫り・木炭画
テクスチャ
・クラッキング・ステンドグラス・テクスチャライザー・パッチワーク・モザイクタイル・粒状
ブラシストローク
・インク画(外形)・エッジの強調・ストローク(スプレー)・ストローク(暗)・ストローク(斜め)・はね・墨絵・網目
表現手法
・エッジの光彩
変形
・ガラス・海の波紋・光彩拡散

こんなに機能が沢山あるとPhotoshop初心者の方でも簡単に色々な加工ができちゃいますね!

そのほかの機能についてはまた後日ご紹介していきたいと思います(^。^)

まずはフィルターギャラリーを適応する時の操作方法について説明していきます!

操作方法

スマートオブジェクト作成

スマートオブジェクト作成

Photoshopで加工したい画像を開きます。

今回はこちらの写真を使って加工していきたいと思います。

まずは画像を直接加工すると、後の修正ができなくなってしまうので、画像を新規レイヤーにドラッグしてレイヤーを複製するとのレイヤーができます。

複製したレイヤーの上で右クリック→『スマートオブジェクト』に変換しておきます。

こちらのスマートオブジェクトにしたレイヤーに加工していきます。

スマートオブジェクトとは?
スマートオブジェクトとは画像を直接加工しない『非破壊加工』ができる機能で、スマートオブジェクトにした画像は元の画像データを損なう事なく、加工ができます。

スマートオブジェクトにしたら、メニューから『フィルター』→『フィルターギャラリー』を選択します!

それでは早速効果を適応していきたいと思います♪

手書きの様な加工ができるおすすめ効果6つ

水彩画

水彩画

フィルターギャラリーの『アーティスティック』から『水彩画』を選択してみました!

今回は『ブラシの細かさ』を10『シャドウの濃さ』を0『テクスチャ』を1にスライダーを左右に動かしながら調節してみました。

花の輪郭部分がぼやけて手書き風な表現ができますが全体的に色が暗い場合は『色調補正』などで写真全体を明るくする事をオススメします。

塗料

塗料

次に『塗料』を選択してみました!

ブラシサイズ』を10『シャープ』を21にすると、ブラシで上から色を置いていく様な加工ができます。

先程の『水彩画』よりも輪郭はぼやけて、より手書きに近い加工になりました。

粗いパステル画

粗いパステル画

粗いパステル画』を選択してみました。

今回は『ストロークの長さ』を15『ストロークの正確さ』を8『テクスチャ』の『拡大縮小』を144%『レリーフ』を14に設定しました。

全体的にもやっとしてクレヨンで描いた様な表現ができる事がわかります。

パネルから選べる選択項目が多く、光の当たり具合など細かく指定できます。

色鉛筆

色鉛筆

色鉛筆』を選択してみました。

芯の太さ』を2『筆圧』を14『用紙の明るさ』を50に設定すると、全体的に色鉛筆でガサガサ描いた後、白い鉛筆で光の当たる部分を塗り足している感じになりました。

引いて見ると一番手書き感が強くなる加工方法だと思います。

こする

こする

こする』を選択してみました!

ストロークの長さ』を9『領域のハイライト』を8『適用量』を9に設定すると指でこすった表現ができます。

花びらの黒い影を見るとこすった感じがわかりやすいと思います。

パレットナイフ

パレットナイフ

パレットナイフ』を選択してみました!

ストロークの大きさ』を20『ストロークの正確さ』を2『線の柔らかさ』を4に設定すると、絵の具をナイフで画像の上に塗り重ねた様な表現ができます。

全体的にぼやけて水分を多く含んだ絵の具で荒く塗り重ねた様な表現になりました。

フィルターギャラリー』の『アーティスティック』中でも、より手書き風に見える6つの効果をピックアップしてご紹介しましたが、まだまだ色々な効果があります。

大まかに加工結果を画像でまとめたので、ご紹介しておきますね!

その他の効果

その他の効果①

その他の効果②

その他の効果②

ラップ』の効果は本当に花がサランラップで押しつぶされた様に見えて面白いですね!

他にも、『カットアウト』はこのまま洋服の柄にできそうな加工結果になりました。

こんなに沢山の効果があると手持ちの写真で色々試したくなりますよね!

それこそが画像加工が上達する一番の近道です(^。^)

まとめ

いかがですか?

フィルターギャラリー』から『アーティスティック』の手書きに見えるおすすめフィルター効果6つとその他の効果全てご紹介しました。

個人的に『水彩画』が一番手書きに見えると思っていたのですが、今回使用した写真だと『塗料』のがより手書き感が出る事がわかりました(^○^)

目的に合わせてフィルター効果を適応していきますが、「手書きに見える見えない」などの感じ方は人それぞれですね!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事