pickup
明るさ・コントラスト

自分で撮った写真を後から見直すと、「いい感じに撮れてるけどなんか暗いな〜」とか「邪魔な物が写り込んでいる」って事ありますよね(^_^;)

せっかく性能のいいカメラで撮った力作写真でも、綺麗に、鮮やかに、美味しそうに見えなきゃ意味がありません。

そんな時は色調補正の明かるさ・コントラストを使って加工すれば問題解決です。

今回は沢山あるPhotoshopの画像補正機能の中でも一番初心者が扱いやすい『明かるさ・コントラスト』について色々お話していきたいと思います。

フォトグラファーさんのようにめちゃめちゃ綺麗に専門的に画像補正ができるといいのですが、誰でも簡単にできるレベルで説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

Photoshopの色調補正

色調補正とは?

画像の明るさや彩度を変える際に使用する『色調補正』はフォトグラファーさんやクリエーターさんにとって欠かす事のできない機能です。

色調補正には4種類の方法があり、花や風景を色鮮やかに見せたり、食べ物を美味しそうに見せたり、人物の髪の色を明るくしたり、それぞれ仕上がりや目的に合わせて選択し加工します。

広告のチラシや、ネットなど商用で使用されている画像はほとんどこの色調補正機能で加工した物になります。

    色調補正の機能4種類
    明かるさ・コントラスト
    画像全体の明るさを変えたり、コントラストを指定できる。(※コントラスト・・・明るい所はより明るく暗いところはより暗くする事)
    ・レベル補正
    画像の明るい所(ハイライト)と暗い所(シャドウ)のバランスを調整できる。
    ・トーンカーブ
    画像の明るさを色別(RGB・レッド・グリーン・ブルー)に調節できる。
    ・露光量
    画像の全体的な明るさを調整する。

    写真の画像編集は素人が少し扱う程度ならこれくらいの設定で事足りると思いますがプロ並みに編集するのにはそれぞれに更に細かい設定があり、掘り下げていくとかなり専門知識が必要な奥が深い物になります。(^_^)

    よっぽど上級者にならない限りは使う機能は限られてきます。

    今回はこの色調補正の中でも、一番初心者が扱いやすい『明るさ・コントラスト』の設定と特徴使い所などをご紹介します!

    色調補正シリーズ第一弾です!

    写真の画像編集の他にもイラスト制作の際に、紙に描いた線をプリンターでスキャンして、データから色調補正を使って線だけを抽出する方法もあります。

    Photoshopの色調補正機能は写真だけのものじゃないんです。

    詳しくはこちらの記事で詳しく説明しているので是非ご覧ください!

    画像の明かるさ・コントラストの編集

    設定方法

    桜before
    桜after

    この4月に撮った桜の写真ですが、素人写真ですので全体的に暗くくすんだ感じがするので、こちらのbeforeの画像を明るく鮮明にしてみました。

    メニューバーからイメージ色調補正から『明るさ・コントラスト』を選びます。

    (レイヤーパネルの調整レイヤーからも指定できます)

    主に・△明かるさ・△コントラストの三角のスライダーを左右に動かして設定します。

    beforeでの明るさ・コントラストの数値0をafterでは明るさを67、コントラストを22に設定しました。

    明るさ

    -150〜150までの数値で設定でき、右に動かすと明るくなり、左に動かすと暗くなります。

    右に動かしすぎると白飛びした写真みたいになり、左に動かしすぎると夜の写真みたいになるので、やりすぎ注意です╰(*´︶`*)╯

    自分のお好みのところで設定します。

    コントラスト

    -50〜100までの数値で設定でき、スライダーを右に動かすとコントラストが高くなり、左に動かすと低くなります。

    (※コントラスト・・・明るい所はより明るく暗いところはより暗くハッキリする事)

    右に動かしすぎると写真の色味が濃くなり、左に動かすと薄くモヤっとした印象になります。

    こちらもやり過ぎ注意です(^。^)

    一部分だけ明るさ・コントラストを変える
    画像の一部分だけを明るくしたい場合は、ツールバーから選択ツールなどで明るくしたい所の選択範囲を作ってから指定します。

    従来方式

    従来方式とはPhotoshopの昔のバージョンCS2以前の方式のことで、ここをオフにしておくとそれ以降のバージョンの明るさ・コントラストの結果が出ます。

    ここをオンにして明るさ、コントラストのスライダーを左右にスライドするとかなり画像が飛んで潰れた感じになり、そのような表現を狙っていない方や、特に初心者の方にはあまりオススメできません。

    明るさ・コントラストの両方を右に限界まで振り切ると真っ白、左に振り切ると真っ黒になります。

    通常モードでは、「明るさ・コントラスト」は「レベル補正」や「トーンカーブの色調補正」と同じように、画像内のレイヤーに比例した調整を適用します。「従来方式を使用」を選択すると、「明るさ・コントラスト」は単にすべてのピクセル値を上または下に移動して明るさを調整します。これにより、クリッピングが行われてハイライト部分またはシャドウ部分の画像のディテールが失われる可能性があるので、写真画像に「従来方式を使用」モードの「明るさ・コントラスト」を使用することは推奨できません(ただし、マスクや科学的な画像の編集には効果的な場合があります)。

    自動補正

    Photoshopオススメの調整結果にしてくれます。

    必ずしも狙った感じで写真が自動で補正できるとも限りません。

    好みは人それぞれ違いますから、私はとりあえず自動補正をしてみて、そこから自分好みにスライダーで更に調整していきます。

    使用パターン

    画像の明るさを指定したり物の輪郭をはっきりしたい時に使用します。

    鮮やかな色使いの風景写真や、暗く撮れてしまった食品の写真、人物写真などに使用します。

    まとめ

    いかがでしょうか?

    Photoshopの明るさ・コントラストを使えば専門的な知識がなくてもそれなりに画像を修正する事は可能です(^。^)

    これくらいなら誰でも簡単にできそうですよね!

    ただ、明るくハッキリした写真が綺麗と思う方や、境界線がハッキリした写真が綺麗と思う方もおり、画像補正には好みがあります。

    美的感覚はそれぞれ違うので正解がないのがまた面白くて奥深い所ですね

    次回は色調補正シリーズ第2弾でレベル補正について説明したいと思います!

    補正シリーズ続きます😄

    スポンサーリンク

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事