pickup
カラー設定からブレンド

今回は、Illustratorのカラー設定でのブレンド方法を検証していきたいと思います!

カラー設定から行うブレンド方法は『上下にブレンド』『前後にブレンド』『左右にブレンド』の3パターンあり、それぞれがどの様に変化するのか検証していきたいと思います。

まずは、「そもそもブレンドとは?何ができるのか?」から説明していきます。

スポンサーリンク

Illustratorのブレンドとは?

ブレンドとは一般的に『混ぜる』などの意味合いがありますが、簡単に言ってしまえばその通りの事ができる機能で、選択した複数のオブジェクトの始点から終点までの形やカラーをグラデーションの様に色と形をだんだん変形させる事ができる機能です。

Illustratorのブレンド機能には2種類あり、どちらも操作方法がシンプルな上に初心者にも扱いやすく、できる事も様々です。

Illustratorのブレンド
  • ブレンドツールでのブレンド
選択した複数のオブジェクトの色、形、大きさを段々と変化させる事ができ、ブレンドされたオブジェクトの数を指定できたり、オブジェクトをパスに沿って並べたりできます。
  • カラー設定からのブレンド
選択した複数のオブジェクトの色のみを『前後にブレンド』『上下にブレンド』『左右にブレンド』の3パターンから指定でき、オブジェクトの形状を維持したままグラデーションのような効果を作りたい時にグラデーションのかかる方向を指定できます。

今回は『カラー設定』からブレンド方法を選択する『前後にブレンド』『上下にブレンド』『左右にブレンド』についてオブジェクトがどう変化するのか検証していきたいと思います。

ブレンドを行うと形状も色も変化するブレンドツールの基本的な操作方法は詳しく別記事で紹介していますので、こちらも是非ご覧くださいね(^。^)

カラー設定から指定するブレンド方法

カラーを編集ブレンド

カラー設定からブレンド

まずIllustlatorを立ち上げ、アートボード上にオブジェクトを3つ以上配置します。

※ 両端オブジェクトのカラーに合わせ、中間オブジェクトのカラーを変更する機能なので、三つ以上のオブジェクトが必要です。

変更されるのは塗りの色のみで、線の色は変更されません

今回はこちらに配置された8色のオブジェクトを使って、選択ツールで全て選択した後、メニューの『編集』→『カラー設定』から目的に合わせて①『上下にブレンド』②『前後のブレンド』③『左右にブレンド』のブレンド方法を選択し、どのように変化するのか検証していきたいと思います。

まずは『上下にブレンド』を指定してみます。

上下にブレンド

上下にブレンド

上下にブレンド

カラー設定から『上下にブレンド』を選択すると最上端オブジェクトの黄色と、最下端オブジェクトの赤色に応じて、中間オブジェクトのカラーが連続的に変更されました。

アートボード上で黄色が一番上にあり、赤色が一番下にあるので、黄色から赤のグラデーションになって表示されます。

最上端オブジェクトと最下端オブジェクトの塗りの色は変更されません。

使用目的
ロゴやバナーの作成時など背景や文字の上下にグラデーションをかけたい時に使用します。

次に、『前後にブレンド』を指定してみます!

前後にブレンド

前後にブレンド

前後にブレンド

カラー設定から『前後にブレンド』を選択すると、作成順の最前面オブジェクトと、最背面オブジェクトのカラーに応じて、中間オブジェクトのカラーが連続的に変更されました。

最初に作成した水色のオブジェクトから番号順に、最後に作成した赤色のオブジェクトまでがグラデーションになって表示されます。

※イメージ図は真上から見た図(左)と横から見た時のイメージ図(右)です。

最前面オブジェクトと最背面オブジェクトの塗りの色は変更されません。

使用目的
レイヤーの構造の前後で表示されるので複雑に切り抜かれたオブジェクトの色を変更したい時に使用します。

次に『左右にブレンド』を指定してみます!

左右にブレンド

左右にブレンド

左右にブレンド

カラー設定から『左右にブレンド』を選択すると最左端オブジェクトと、最右端オブジェクトのカラーに応じて、中間オブジェクトのカラーが連続的に変更されました。

アートボード上の一番左側にある緑色のオブジェクトから右側の青いオブジェクトに向かって青色にグラデーションになって表示されます。

最左端オブジェクトと最右端オブジェクトの塗りの色は変更されません。

使用目的
上下にブレンド』同様文字や背景に左右にグラデーションをかけたい時などに使用します。

このようにオブジェクトの形を変化させずグラデーションの様な表現をしたい時は『カラー設定』からブレンド方法を選択する方法がオススメです。

どんな形のパスにもブレンドする事ができるので大変便利です(^。^)

まとめ

いかがですか?

カラー設定からブレンドを指定する方法ならオブジェクトの形を変えずに塗りのカラーだけを変更できるので、文字のオブジェクトに一文字ずつグラデーションをかけたり、デザインをする上で覚えておくととても役にたつ機能だと思います(^○^)

ブレンドの使用パターンはまだまだ沢山あります!

Illustratorのブレンド機能は操作方法はとてもシンプルな分、アレンジ方法は無限に広がります。

制作物を沢山作ることがブレンド機能のアレンジや応用を自分で見つけ出すカギになると思います!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事