pickup
2種類のブレンド

今回はIllustratorの2種類のブレンド機能を使って文字が浮き出て見えるバナーの作り方を紹介したいと思います!

とても簡単にできるので、Illustrator初心者の方でも簡単にできちゃいますよ(^。^)

スポンサーリンク

2種類のブレンド機能

ブレンドとは一般的に『混ぜる』などの意味合いがありますが、Illustratorの『ブレンドも簡単に言ってしまえばその通りの事ができる機能で、文字やオブジェクトの中間を繋ぐように色や形をだんだん変化させる機能です。

目的に合わせて2種類の方法を使い分けます。

ブレンドツールによるブレンド

ブレンドツール元画像

ブレンドツール

ツールバーから選択するブレンドは、主に色や形、大きさまで均等に並べながら変化させる事ができます。

メニューから『オブジェクト』→『ブレンド』→『ブレンドオプション』を選択し、『ブレンドオプションパネル』を表示し、『ステップ数』に数値を入力すれば、始点から終点までのオブジェクトの数を指定できます。

方向』を選択すると作成したパスに沿って整列もできます。

ブレンドツール』については別記事で詳しく説明していますのでそちらをご覧くださいね!

カラーを編集から選択するブレンド

ブレンドの説明

カラーを編集でのブレンド

カラー設定から選択するブレンドは、選択した複数のオブジェクトの色のみを変化させる事ができます。

メニューの『編集』→『カラーを編集』から目的に合わせて『前後にブレンド』『上下にブレンド』『左右にブレンド』の3パターンから指定でき、オブジェクトの形状を維持したままグラデーションのような効果を作りたい時にグラデーションのかかる方向を指定できます。

カラー設定から選択するブレンドについては詳しく別記事でも紹介しています。

こちらもぜひご覧くださいね(^。^)

作成方法

ブレンドバナー

完成図

今回は上記で説明した、ブレンドツールでのブレンド方法と、カラーを編集でのブレンド方法を使って、このようなバナーを作成していきたいと思います。

文字の装飾は『ブレンドツール』で作成し、背景は『カラーを編集』からブレンドしていきます!

それでは早速やってみましょう♪

文字の装飾をする

テキスト入力

テキストの入力

まずツールバーから黄色枠の『文字ツール』を選択後テキストを入力します。

文字パネルが表示されていない場合は、メニューバーの『ウィンドウ』→『書式』→『文字』で表示しておきます。

今回はポップで可愛らしい印象にしたかったので、文字を太くハッキリ見せるためにフォントを『ヒラギノ角ゴシック』にしてみました!

※フォントの変更は文字パネルの赤枠内から変更できます。

で文字の大きさが変更できます。

上段のピンクの文字は44px、下段の影にする部分は33pxにしています。

でテキストのカラーが変更できます。

※枠が🔲塗りが⬛️

にカラー番号を入力することで画像と同じカラーを選択する事ができます。

上段は外枠が『BE00FF』塗りは『FA8BFF』で、下段の影は塗りが『754379』外枠の塗りはなしに設定してあります。

テキストのブレンド

テキストのブレンド

テキストの入力ができたら、ブレンドツールで立体感を出していきます。

メニューバーの『オブジェクト』→『ブレンド』→『ブレンドオプション』でブレンドオプションパネルが表示されるので、間隔』→『ステップ数』を選択後、30に設定します。

※ステップ数に数字を入力すると、上段テキストから下段テキストまでのブレンドされる数が指定できます。

より細かくブレンドしたい場合は50くらいにしても綺麗だと思います(^。^)

ツールバーの黄色枠のブレンドツールを選択後、上段テキストをクリックした後、下段テキストをクリックします。

上から下に向かってブレンドされました!

背景を装飾する

背景の装飾

背景を黒に装飾

次に背景を装飾していきます!

まずレイヤーの一番下にアートボード同じサイズの長方形を作成して整列させます。

ツールバーから長方形ツールを選択後、アートボード上で右クリックをすると『長方形パネル』が表示されます。

幅と高さにアートボードと同じサイズを入力します。今回は幅が500px高さが310pxで作成しています。

アートボードと同じサイズの長方形ができました!

長方形の塗りの色をツールバーのをダブルクリックで『カラーピッカー』が表示されるので、テキストのカラーを変更した時と同様にブラック『000000』にしておきます。

次に黒の長方形を整列パネルのピンクの四角部分を2箇所クリックして、アートボードぴったりに合わせます。

整列パネルが表示されていない時はメニューバーの『ウィンドウ』→『整列』で表示されます。

背景が黒になりました!(^_^)

星のブレンド

星の装飾

次に背景を星で装飾していきます。

テキストがあると見にくいので、レイヤーパネルでテキストのレイヤーを非表示にしておきます。

ツールバーから先ほど選択した長方形ツールを長押しでスターツール』を選択後、お好みの位置にランダムに配置したら、アートボード上の一番上の星の色と、一番下の星の色を着色しておきます。

※今回は上の星をホワイト『FFFFFF』下の星を濃いピンク『E022EO』に設定してあります。

配置が完了したら選択ツールで先ほど作成した星全てを選択しておきます。

メニューバーの『編集』→『カラーを編集』→『上下にブレンド』で星全体に上から下にかけてグラデーションがかかりました(^_^)

最後に先ほど非表示にしておいたテキストレイヤーを表示させたら完成です!

まとめ

いかがでしたか?(^。^)

2種類のブレンド機能を使って文字を装飾するだけでも、POPやバナーが華やかに見えますよね♪

他にもブレンド機能はシンプルな機能ですが、できる幅が広いので、制作数を重ねる事で自分なりのアレンジ方法も思いつくようになると思いますo(^_^)o

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事