pickup
越境ECモデル

2015年中国観光客の富裕層により発生したインバウンド需要の一つ「爆買い」現象ですが、その後に注目され始めたのが「越境EC」です。

越境ECはインバウンド需要をしのぐ巨大なマーケットとしてEC業界で注目され、海外進出の機会になることから、様々な企業が越境ECに手を付け始め年々EC市場規模は拡大し続けています。

しかし越境ECを始めるには様々な障害もあり、参入する企業側もメリット・デメリットなど出店方法などを考慮してから行わなければなりません。

今回は拡大する海外需要を取り込む手法として、注目が集まる「越境EC」のメリット・デメリット、ビジネスモデルをちょっとアップしてみます!

スポンサーリンク

・越境ECのメリット・デメリット   

    どんなビジネスでもメリット・デメリットはあります。越境ECでも例外ではありません。

メリット

・日本国内よりもネットショッピング率が高い

世界を相手にするので当然市場規模は巨大であり、また年々その規模は拡大し続けており外国人は日本人よりもネットショッピングの使用頻度が高いことなどから、新規顧客の獲得にも適していると言われている。

・ローコストでビジネス展開

 実店舗を海外に構えると莫大な資金や手間がかかりますが、インターネットを活用した越境ECならリスクを抑え、低コストでビジネスを展開することができる。

 また近年では国内ECサイトがあれば簡易に越境ECを始めることができるサービスもあるため、様々な選択肢から参入することができると言われています。

デメリット

 ・手間や弊害があり、それに対しての知識が必要となる

 越境ECは、商品やサービスは国境をまたぐため、通販には欠かせない現地の物流・配送問題、関税などの国際輸送に関する知識や、ビジネスを行う上での法的知識も必要となってきます。 

・言語の問題

トラブル、サポート対応などをターゲット国の言語で行う必要がある。

・支払方法

日本であればクレジットカードや電子マネーで対応できますが、クレジットカード決済が一般的でない国もあるため、ターゲットとする国の決済方法を導入していく必要があります。

・越境ECは主にモール型と独自ドメイン型(自社ECサイト)の2種類

モール型は、ebay(米国)、天猫国際(中国)など、ターゲットとする国で使用されているプラットフォーム上に商品を掲載し販売する方法です。

独自ドメイン型は、自社ドメイン上にECサイトを構築し海外に販売する方法を意味します。

それでは、それぞれの特性や相性の良い商品はどういったものなのでしょうか?

モール型のビジネスモデル

モール型の場合、消費者にとって商品の価格が主な差別化戦略のポイントとなります。

知名度の高い商材を取り扱っており価格の優位性のある企業は、モール型を使用すると良いでしょう。

(何処よりも安く日本の家電製品が仕入れられる、仕入れに優位性がある企業にオススメ)

集客自体はモールがしてくれるため、モール内での差別化戦略、集客を強化することで売上を伸ばすことが出来ます。

同じ商品で価格を一度に比較される為、安くないとそもそも商品詳細ページに遷移されません。

ニーズのある商材で価格さえ勝っていれば販売数を伸ばしていける可能性が高くなります。

独自ドメイン型(自社ECサイト)ビジネスモデル

独自ドメインの場合、集客を自力でしなければならないのが一番大きな難点です。

独自ドメイン型のメリットは、情報を豊富に掲載でき、顧客接点を多く持つ事で、徐々にユーザーの理解を深めながら購入につなげることができます。

また独自ドメイン型では顧客をロイヤルカスタマー化をする事で収益を最大化していき易いのが特徴です。

MEMOロイヤルカスタマーとは、ある企業や商品・サービスに対して、忠誠心の高い顧客のこと。

一度の購入で終わりというより、どれだけリピーターとなってもらえるかが、売上を伸ばしていくのに重要な鍵となります。

独自ドメイン型を行う企業によっては最初の顧客接点としてモールを活用し、フロントエンド商品を販売し、同梱物や獲得した顧客情報をもとに自社サイトに引き込んでいこうとする戦略をとるところもあります。

自社サイトが作りこまれていない状態だったり、集客が出来ていない場合は、最初にモールでユーザーの反応を見るというのも戦略としてありかもしれません。

モール型と独自ドメイン型どちらが良いのか?

商品のニーズがはっきりとしており、価格の優位性がある商品を取り扱う場合は他社と比較検討され易いモール型、価格よりも品質やサービス重視の場合は、じっくりと商品の価値を宣伝できる独自ドメイン型が良いでしょう。

・まとめ

モール型と独自ドメイン型、どちらを選ぶかは一概には言えませんが、それぞれのメリット・デメリットを踏まえて、自社の経営方針に合ったビジネスモデルを検討するのが良いのではないでしょうか。

越境ECは国境を越えてビジネスを行うため、法律や言語、異文化への適合といった壁はありますが、非常に魅力的な市場です。特に人口やGDPは日本を上回る国がたくさんあり、まだまだ伸びしろもあるので、注目の市場だと思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事