pickup
ポータルサイト

そもそもポータルサイトってなに?

色々なサイトがあるなかで今回はポータルサイトについて本気出して書いてみました!

以下は真面目に記事にしてみたw

スポンサーリンク

ポータルサイトとは?

①ポータルサイトとは

インターネットの玄関口となるWebサイトであり、もともとは検索サービスを提供するサイトがジャンルごとにWebサイトへのリンクをまとめたことから始まり、その後さまざまなコンテンツ(天気予報、翻訳、辞書、経路探索など)が追加され、インターネットの総合サービスのような形態をとるようになったことが始まりと言われています。

②ポータルサイトの種類

・総合型ポータルサイト

検索エンジンやリンク集、交通情報や天気予報など、様々なコンテンツと多数のサービスを提供するポータルサイトで大手企業だとYahoo! Japan などがあります。

・企業型ポータルサイト

企業が扱う情報を集約し、社内向けに情報提供するために構築するポータルサイトです。

その役割は社内の業務連絡や日報・週報の共有と管理、ノウハウの共有など、多岐にわたります。

注意点としては一般のポータルサイトと違い、社内の人もしくは関係者しか利用できません。

・専門型ポータルサイト

1つのカテゴリーや分野など、専門的な情報に特化したコンテンツを提供するポータルサイトです。

代表的なものとしては「健康ポータルサイト」や「不動産ポータルサイト」などがあります。

・地域型ポータルサイト

特定の地域情報に関するコンテンツを提供するポータルサイトです。

県や市区町村などといった地域設定で、生活に役立つ情報や病院情報、お店情報、求人情報などを掲載しています。

民間だけでなく行政や自治体が運営しているケースも少なくありません。

・目的型ポータルサイト

「口コミポータルサイト」のように、ある目的のために機能や情報、コンテンツを提供するポータルサイトです。

業者と利用者を引き合わせる「マッチングサイト」もこの区分にあたります。

・ブログ型ポータルサイト

ブログ記事や情報をまとめて提供するポータルサイトです。

ブログポータルサイトのなかにはブログと専門情報を組み合わせたものや、会員になると自由にブログを投稿できたり限定記事が読めたりするものなどがあります。

この他にも挙げたらキリがないくらいポータルサイトの種類はありますが、よく目にするところとしては大体これらの区分に当てはまります。

ポータルサイトの特徴

ポータルサイトの扱う情報と特徴

ポータルサイトは様々な種類があるため一概に言えませんが、大きく分けて2つの傾向があると言われています。

美容・健康・不動産・求人といった、ニーズが高く情報量の多い分野で、ユーザーが絞り込みしやすいようにカテゴリー別に整理してあるタイプです。

ニッチな分野・テーマを取り上げて、キーワード検索ではなかなか探しにくい情報につなげていくタイプです。

主なコンテンツ

・SEOに有効なコンテンツ

役に立つ情報を追加していく部分です。ニュースやコラムなど、キーワードを意識してページを作成することでアクセス数を増やし、施設などの情報を載せることでその施設を探している人を集客する。

・PV数を増やすのに有効なコンテンツ

サイト内の情報を探しやすくすることで、ページを巡回してもらいやすくなりPV数の増加を見込めます。

・定着率を増やすのに有効なコンテンツ

掲示板や評価を書き込んでもらい、サイトの利用者として繰り返しアクセスさせることができます。

会員登録をすることで、自分の書き込み履歴などを参照できるなど、登録者にとって使いやすくしていくことが重要です。

・マネタイズするためのコンテンツ

自分の事業に関連する情報の掲載や、広告枠の販売、物販などをすることができます。

サイトの利用に料金が発生する場合は、利用期間に応じて料金を支払うことができます。

・その他

診断系のサービスや占いなどのコンテンツを作成して、ユーザー体験の満足度をあげる方法も多く存在します

運営時の収益について

・広告費による収益

ポータルサイト内に企業の広告を掲載することで収益を得る方法です。

掲載金額は広告の設置場所や大きさ、掲載数、1PV数などによって設定するのが一般的です。

固定的な入稿があれば安定した収益が見込めますが、クライアントにとって魅力のある広告媒体になるにはかなりのアクセス数・PV数が必要になります。

・掲載料金による収益

美容院や飲食店、求人情報などの検索ポータルサイトを運営する場合には、月額・年額という形で掲載料金を徴収することができます。

広告費同様、成果が見込めるポータルサイトであることが条件になりますが、クライアントが利用できる機能を充実させることで「このサイトならお店の魅力が伝えられるかも!」と思わせることも重要です。

また、ユーザーに対しても「このサイトってすごく使い勝手がいい!」と思わせるような仕掛けや工夫を考える必要があります。

・成功報酬による収益

「Google」や「Yahoo!」が採用している収益モデルで、広告の掲載自体は無料で行い、サイトのアクセス数が向上したり予約数が増加したりするなど、広告による成果があった場合に料金が発生する「クリック課金制」システムです。

これならポータルサイト自体のアクセス数が少ない場合でもクライアントにはデメリットがないため、多数の店舗や企業を集めることができます。

ポータルサイトを運営することで見込める収益としては、主にこの3つの方法が挙げられます。

まとめ

ポータルサイトとは雑誌や新聞のようなもので、掲載する幅広いコンテンツや情報への入口を提供する窓口の役目を果たすサイトになります。

また企業の場合はポータルサイトを持つことで、会社情報の提供を目的とした、コーポレートサイトとは違う形で集客ができるため、新しいビジネスチャンスに結びつくことも可能になります。

ポータルサイトは成功すれば安定して集客が見込める媒体なので、構築する価値は十分にあると言われています。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事