pickup
インバウンド消費

近年では新しいビジネスモデルとして越境ECが注目を集めています。

越境EC(えっきょうイーシー)

インターネット通販を利用した、国際的な電子商取引のことです。簡単に言えば海外と通信販売を行うオンラインショップのこと。

その越境ECのきっかけを作ったのが、2015年に発生した、中国富裕層の「爆買い」現象です。

※爆買いとは中国人観光客が日本を訪れ、高額商品から日用品まで様々な商品を大量に買い込む様子を「爆買い」と表現したことが始まりと言われています。

日本を訪れた外国人観光客が様々な日本の商品に興味を持ち、帰国した後もう一度欲しいと思ったときに越境ECを利用するといったケースが多いため、インバウンド消費が高くなっていると言われています。

 インバウンド消費が高くなっているってどういうこと? 

日本に訪れた外国人が日本国内で商品やサービスを購入する、消費活動という意味ですね。 

2017年度観光庁のデータを見ると、国籍・地域別に費目別旅行消費額をみると、買物代では中国が8,777億円と高く、次いで台湾、韓国、香港となっておりそれぞれ1,000億円を超えています。

中国と他国の旅行消費額を比べると中国の方が圧倒的な差がある…。 恐るべし「爆買い効果」(~_~;)

これだけインバウンド消費があるので越境EC需要も高いのかなぁ…? 

スポンサーリンク

・越境ECの需要はどれだけあるのだろうか?

海外の一般消費者のECショッピングの年間購入総額は平均して日本の1.6倍以上と言われています。

(日本人がECサイトから購入する年間平均は約9万円に対し、アメリカでは約18万円、イギリス人は約16万円)

これらには人口密度や人口構成なども関係しており、一般的に高齢なほどインターネットを使ったショッピングを行わないため、各国内の平均年齢が低く、インターネットの使用頻度が高い国ほど、越境ECを使った購入額は上がる傾向があります。

また世界中でPCやスマートフォンなどが普及し、海外の商品であっても、簡単に購入できるインターネット環境が整ってきたことも、越境EC市場を高めた要因であると思います。

日本の越境 B to C-EC(米国・中国)の総市場規模は 2,570 億円となった。
このうち、米国経由の市場規模は 2,327 億円、中国経由の市場規模は 243 億円であった。
米国の越境 B to C-EC(日本・中国)の総市場規模は 12,070 億円となった。このうち、日本経由の市場規模は 7,128 億円、中国経由の市場規模は 4,942 億円であった。
中国の越境 B to C-EC(日本・米国)の総市場規模 27,556 億円となった。このうち、日本経由の市場規模は 12,978 億円、米国経由の市場規模は 14,578 億円であった。

日本からアメリカ・中国への越境ECでの購入額は2017~2021年まで、ほとんど成長することがなく、対2017年の成長率はわずか1.20%にとどまっているのに対して、アメリカは1.67%、中国は2.20%と高い市場の成長率が予測されており、アメリカと中国は消費国として2021年まで毎年10%以上の成長率で推計していくことが分かります。

EC需要はかなり高まっており、今後も上昇傾向にあると言われています。そのため日本のEC事業者に大きなビジネスチャンスがあると言えます。

しかしながらあくまで予想であるため、法による規制や為替の変動で大きく影響することも考えなければいけません

・今後の越境ECはインバウンドによって変わる?

上記の市場規模推移を調べている中で、越境ECとインバウンドとの密な関係が明らかになりました。

観光庁のデータから2017年に日本を訪れた観光客は2800万人を超えており、その中で38%が中国からの観光客でした。

そんな中、越境ECを利用する中国人観光客の35%もの人が自国に戻ってからもリピート購入を考えているんですね!

中国の例だけをたとえると、今後インバウンド(訪日観光客)が増えることで、日本の越境EC市場が拡大すると言う事になりますね!

その他には訪日経験のある中国観光客がSNSや口コミで評価をする→評価されている日本製品を訪日経験のない同国人が購入→日本国内の越境EC市場の拡大が見込める。

・まとめ

初心者なりにいろいろ調べましたが、越境ECがこれだけの需要があり、将来性も高いので私自身も越境ECを作ってみようかな…()

実際に越境ECを実施している事例を紹介します。

北海道お土産探検隊では「白い恋人」や「六花亭」などの北海道のお土産を販売して、外国人からの売り上げを伸ばしています。

楽天から簡単に海外向けに出店できるサービスが出来たことや、当時はおみやげを大量に買い込むケースが多かったことがサービスを開始するきっかけになったと言われています。

このように参入している企業はいくつもあります。近年越境ECは市場規模が拡大しており、越境ECをサポートするさまざまなサービスも存在しています。

これからは、今盛り上がっている中国だけでなく、台湾、香港、さらには東南アジア諸国を対象とした日本の越境EC事業者が多く出てくると予想されます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事