pickup
ホームページの必要性・需要

企業にとってホームページを持つことが当たり前の時代になっていますが、現実的にホームページの必要性や需要はどうなのでしょうか?

本記事ではホームページの必要性や需要について解説していきます!

スポンサーリンク

ホームページの必要性とは?

インターネットは2000年頃から携帯電話と合わせて急速に普及し、いつでもインターネットでホームページを見ることが可能になってきました。

近年ではiPhoneやiPadなどのスマートフォン、タブレットの登場でインターネットの世界は大きく進化しホームページの重要性がさらに増してきていると言われています。

インターネットにアクセスすることで、会社概要、ニュース、勉強、コミュニケーション、映像など様々な情報を取得することが出来ます。

アクセス例

・営業先の会社概要を事前に調べる
・面接前に会社概要を事前に確認をする
・飲食店の営業時間や店舗所在地を確認する
・欲しい商品が店舗にあるか確認をする
・美容院やサロンの予約をする
・病院の営業時間・営業日を調べる
・市役所や郵便局の営業時間や休館日を調べる

アクセスする状況は様々ですがホームページを見る機会は年々増加していると言えます。

これだけホームページの必要性が高まるなかホームページを開設していない企業の理由はどのようなものなのでしょうか?

ホームページ未開設理由

・周りの同業他社がホームページを開設しているので気になっているが必要性がわからない。
・管理できる人が退職したためホームページをやめてしまった。
・ウチは小さな会社だし誰もホームページは見ないよ。
・競合も多いし検索したって上位に表示されないでしょう。

ホームページの需要は?

ホームページを持っている企業と、持っていない企業では集客人数に大きな差が出ていると言われています。

大きな理由としては今までお店を知らなかったユーザーに知ってもらい、新規ユーザーになってもらうことが出来るからです。

例文

知らない土地に友人と旅行に言った際に「お腹が空いたから食事をしよう」と思いました。

あなたならどのようにお店を探しますか?

私はインターネットで検索をします!

『ランチのおいしいお店』『ペット可能なお店』『子供連れで入りやすいお店』など…

このようにホームページを開設していない企業は、ユーザーがインターネットを通して知りたい情報を得られなければ、あなたの会社にコンタクトをとってくれる確率は、間違いなく下がることでしょう。

スタート段階でビジネスチャンスを無くさないためには、自社のホームページが必要と言えるでしょう。

ホームページ開設のメリット

1集客率アップが見込める

ホームページを作ることで新規顧客の獲得が見込める。こちらが一番大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

また問い合わせ窓口を作ることで資料請求や商談窓口となり、売り上げにも繋がる可能性も出てきます。

その他にもホームページとSNSなどのツールをうまく連動させ、情報発信をしていくことで集客が見込めると言えるでしょう。

2各種コストダウン

ホームページを上手く活用することで営業にかかる人件費や求人広告費の削減。

またブログやSNSを使用することで様々な顧客に情報を公開することが出来るので、宣伝広告費も抑えることが出来ます。

新人教育への活用

ブログを活用することで、新人教育の場も広がると言われています。

その理由は企業の代表や先輩社員が考えていること、仕事に対する思いなどを社内ブログで発信することで『うちの会社の代表や先輩社員はこんなことを普段考えているのか』と、普段あまり話す機会のない社員にもその会社の姿勢みたいなものが伝わるはずです。

その他にもブログ記事を作成する担当を様々なスタッフが行うことで仕事への理解やモチベーションにも繋がります。

4ECサイトの反響を見ることできる

紙媒体の広告やラジオやCMでは反響を確認することが難しいですが、インターネットではアクセス解析ツールを使用することでお客様がどれくらいアクセスしたのかを知ることができます。

反響を確認しながら軌道修正をしていくことも必要になってくると言われています。

ホームページ開設のデメリット

1コストが掛かる

必要になってくる費用は、サーバー、ドメインの利用料、ホームページの開設費用になります。

サーバーやドメインはさほど高額ではありませんが、ホームページ開設費用は制作会社によって変わってきます。

2運営スキルが必要となる

ホームページ運営のためのスキルが必要となってきます。またスキルや技術に加えて、情報分析、軌道修正が出来るような人が必要だと言われています。

このようにホームページのメリットとデメリットのバランスは悪く、圧倒的にメリットの方が大きいと言えます。

参考までに総務省統計局「平成27年国勢調査抽出速報集計結果」よると…

総務省の統計調査日が古く、中小企業や個人が対象になりますが、自社HPの開設率が50%にまで上昇しています。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事