pickup
ECサイト運営とは

近年ではインターネットを利用したオンラインショッピングが盛んになっています。「ECサイト」という言葉を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか?

ECサイトとは、Electronic Commerce(エレクトロニック・コマース)サイトの略で「電子商取引」を意味します。PCやスマホ、タブレットなどのデバイスから注文を行うことで商品やサービスの売買が成り立っている商取引を指します。

スポンサーリンク

ECサイト業務内容について

ECサイトの運営業務は大きく2つに分けることができます。 一つはフロントエンドの業務、もう一つはバックエンドの業務です。

このフロントエンド業務とバックエンド業務もそれぞれ分けることができ、合計で5つの業務がECサイトの運営にあることになります。

・フロントエンド業務

フロントエンド業務とは、主に売れる商品の中身を考えたり宣伝したりといった業務。

マーケティング業務
例えば割引キャンペーンを行ったり、メールマガジンを配信して集客したり、ネット広告などを利用して集客するなど、顧客のいるチャネルに対して商品情報を露出する業務です。
また、ECサイトの改善やSEO対策なども施して、顧客を集め購買してもらえるようにする業務です。こうした運用で発生した顧客の声を集めることもマーケティング業務の一環です。※チャネルとは、製品を消費者まで届ける流通経路のことを意味します。
マーチャンダイジング
企画から在庫管理、さらには価格について検討する業務がマーチャンダイジングです。これをするにはマーケティングで得た顧客の意見が重要になってきます。ECサイトを運用する上で、最も上流の業務になります。

・バックエンド業務

ECサイトに商品を登録したり、受注や発注の管理をしたりといった、具体的にECサイトの中身に関して後ろ側で行う業務のこと

商品情報登録業務

その名の通りで商品情報を登録します。マーチャンダイジング業務で決まった商品の名称だけでなく、価格やバーコード情報、そのほか「ささげ業務」などがあります。

※ささげ業務とは、「撮影(さつえい)」、「採寸(さいすん)」、「原稿(げんこう)」の頭文字を取った業務。 

受発注管理業務
倉庫での配送作業や仕分け、注文の管理業務、顧客に対しての応対業務もここに入ります。
総合管理業務
ECサイトで得た数値を管理したり外部との連携を行ったり、また時流に沿ったシステムにすべくシステムを管理する業務などがここにあたります。

自社ECサイトの構築と特徴

初心者でも簡単に作れるECサイト」から「企業で使う本格的なECサイト」までの5つの種類と特徴を紹介します。

 

企業では予算やシステム連携などワーフローによって変わってくるため、以下の5つの種類から見合った構築方法を選ばれると良いと思います。

図をもとにおすすめの構築方法を説明していきます!

・ASP(アプリーケーション・サービス・プロバイダー)

  

ASPとはアプリケーションサービスを提供する組織(事業者)機構、サーバーの事を指します。

ASPPC上にインストールすることが無く、ブラウザで利用することが出来ます。

提供されたサービスを月額でレンタルする形が多く、ECサイトに限らず、給与計算システムや販売管理システムなど、様々なシステムが提供されています。

【メリット】

費用が安く手軽に始められ、難しい構築が不要になる。またあらかじめ一通りの機能が揃っているので、すぐにECサイトを始められサポートも手厚い。

  

【デメリット】

機能や要領に制限があり、デザインの自由度が低い。また顧客情報の抽出や自社に合わせたカスタマイズが出来ない。

ASPでネットショッピングを構築することで、ソフトウェアやサーバーを管理しなくてもよくなり、管理や運用が簡単になりますが、ASP事業者自体がサービスを停止してしまうと強制的に終了となってしまいます。

・オープンソース

オープンソースとは、ソフトウェアのソースコード(プログラミング言語で記述された文字列)を無償で公開し誰でも自由に改良・再配布ができるようにしたソフトウェアのこと。

オープンソースは社内に技術力がある場合におすすめです。ライセンス費用がかからず、カスタマイズが自由なので、システム連携やデザインも自由に行えます。

しかしながら、サーバー管理や最新のバージョンアップは自社で行う必要があります。

【メリット】

スクラッチ(独自開発)と比較して費用が安く構築でき、一通りの機能がそろっているのですぐにECサイトを始めることが出来る。

また販売額や商品数における従量課金がなく、サービス提供会社のサービス利用停止のリスクが少ない。

【デメリット】

オープンソースに障害が起きた場合の責任は自社で行う必要があり、またセキュリティー上の問題が発生する場合が多い

・パッケージ

パッケージとは、ある程度開発で作りこまれたフレームワークをもとにECサイトを構築したものです。

ECサイト構築において、必要な機能が予めついているパッケージソフトウェアを基にカスタマイズをして開発していく方式です。

パッケージの最大の魅力はECサイト構築の基本機能が備わっているので、フルスクラッチに比べて安価で短期間でスクラッチ製品にも匹敵するECサイト構築ができるところです。 

※フルスクラッチについては後程解説します 

【メリット】

カスタマイズが柔軟で他のシステムとの連携が可能である。

デザインが自由でスクラッチに比べて費用が安い。

【デメリット】

サーバー環境の用意が必要で、バージョンアップに費用がかかる。

・クラウドEC

クラウドECとはASPとパッケージの両方の要素を持っているシステムのこと。

ASPのようにシステムが古くならずに、パッケージのようにカスタマイズを行うことが出来るECシステムです。

しかしながらプログラムコードはブラックボックスなので触ることが出来ない。

ブラックボックスとは、直訳すれば「黒い箱」。で、真っ黒な箱のイメージから、中に何が入っているか分からない。あるいは中がどうなっているか分からないモノやコトをブラックボックスという。

【メリット】

 システムが自動更新され、新しい機能も実装される。またカスタマイズやシステム連携が自由にできる。

【デメリット】

 ECシステムの保守管理をしたい企業やソースコードを把握したい企業には向いておらず、コストもASPに比べると高い。

・フルスクラッチ

システムやソフトウェアの開発において、既存の仕組みやソフトウェアなどを一切利用せずに0から新規でECサイト構築をおこなう方式こと。

どのような要件も対応可能で自社の既存のシステムとの連携もできるため、大規模ECサイト構築の際や、技術力のある会社が独自にECサイト構築・開発を行う際におすすめの方式です。

【メリット】

 全てが自由なため、要件をすべて満たした構築や開発が可能であり、仕様変更も柔軟に対応できる。

【デメリット】

 サイトの構築・開発に膨大な時間とコストがかかる。

ECショッピングモール型サイトの種類と特徴 

・統合管理型モール

統合管理タイプは、1つの会社で複数の店舗を一元化して運営、管理を行うスタイルのものです。

ニーズに合わせたシステムを構築することができるため、多数の店舗を運営する企業などには重宝します。

例えば、ふるさと納税でお馴染みの「さとふる」では、モール機能を利用し各地方団体にて出品管理、注文管理、本店機能まで用意をして、管理できるようにしています。

・テナント型モール

楽天市場のようなモールプラットフォームを構築し、「出店」企業を集めるビジネスモデル向けのタイプです。

各企業がモールへ出店し、1企業が1ショップを運用・管理し、商品登録や受注管理、売上集計などは各企業が行います。 

・マーケットプレイス型モール

 いわゆるAmazonのようなタイプのモールです。1つのサイト内で出店企業を集め、各企業がモールへ「出品」だけするモールを意味します。

それぞれのショップを持たず、商品データのみモールサイトに集約され、受注データは各出品者に振り分けされます。先述の楽天市場型と同様、商品管理・売上管理は各企業が行います。 

まとめ

ECサイトの運営方法、構築や種類、特徴をいくつか紹介をしました。

種類ごとにそれぞれ長所短所があります。企業が必要としている要件を満たした方法を選択しコスト面やリリースまでの時間も検討することが重要です。

 ECサイト構築の際には本記事を参考にしていただければ嬉しいです!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事