pickup
コーポレートサイト・企業サイト

ネット社会である現代において大手企業はもちろんのこと、スタートアップ企業にとっても会社を経営するのであればコーポレートサイトを持つのは当然と言われています。

しかし一方でコストも掛かるし、うちはウェブ事業を行ってないから『必要がない』と思っている企業も少なくないと思います。

そこで今回はコーポレートサイトについての役割なども含めて紹介していきます!

スポンサーリンク

コーポレートサイトについて

・コーポレートサイトとは?

コーポレートサイトとは(Corporate website)とは直訳すると「企業(法人)のWebサイト」となり、会社が公式に運営・管理するサイトという意味になります。

企業が扱う商品を販売するECサイトや採用サイトなども広い意味ではコーポレートサイトと呼ぶことが出来ると言われていますが、一般的には企業が情報を公開・発信するために運営をするサイトをコーポレートサイトというため、「企業理念」や「会社概要」「プレスリリース」などのコンテンツがメインとなります。

・コーポレートサイトの役割

会社の情報を公開して信頼性を高めることはビジネスにおいて最も重要なことであり、商談や採用面接など、初めて訪問する会社のことを事前に調べる時に多くの人がその企業のコーポレートサイトを見ると思います。

またコーポレートサイトは顧客や求職者にとってファーストコンタクトポイントであることは多いはずで、その企業の第一印象を大きく左右する非常に重要な存在だと言われています。 

・コーポレートサイトの目的

顧客や取引先、投資家などと円滑なコミュニケーションを行う為に公開されていることが多いと言われています。

コーポレートサイトには企業の所在地や経営者、従業員数、資本金、事業内容などの基本情報から採用に関わる内容や問い合わせフォームの設置、電話番号を公開することでコーポレートサイトが窓口になり、お客様と企業がコンタクトを取ることが可能になります。

このようにコーポレートサイトは、事業内容を知ってもらい、事業拡大のチャンスをもたらす、重要な役割を担っていると言われています。

コーポレートサイトのメリット

・存在の証明からビジネスチャンスに繋がる

スマートフォンの普及が急速に進んでいる昨今、何か分からないことや興味のあることはすぐにネットで調べるというのが常識になっています。

その中で調べても情報が得られなければせっかくの興味もなくなってしまいます。

そこでコーポレートサイトは世の中に「こういうことをしている会社です」と伝える要素が詰まっているため、存在証明を行うことができます。

またサイトからの問い合わせがきっかけで業務提携が決まったなど、思わぬビジネスチャンスに繋がることもあると言われています。

・企業イメージアップに繋がる

コーポレートサイトは世界中の人が目にする会社の看板です。

そのためサイトのデザインやコンテンツが充実していることで企業イメージ向上に繋がると言われています。

またネット上であればコーポレートサイトの制作にかかるコストだけで、効率よく向上させられる可能性が高いと言われています。

・サポートがスムーズになり信頼に繋がる

商品やサービスに対して不明点や意見があった際は、まず解決方法を探すことが多いと思いますが、その際に「よくある質問」や「マニュアル」「お問い合わせフォーム」などがあれば、ユーザーも即座に解決することが出来ます。

またそういったサポート体制が充実していることで、ユーザーからは「トラブルがあった場合でも対応してくれるから安心できる」と言ったように商品やサービスの信頼性を高めることが出来ると言われています。 

・即戦力の人材が確保できる

一般的に採用活動は大手求人ポータルサイトなどを利用して行っていることが多いかと思いますが、コーポレートサイトに求人情報を掲載することで、会社が求める人材を確保できるようになります。

なぜならコーポレートサイトを通じて会社に魅力を感じた人材が「この会社で働きたい!」と集まるようになるとなるからです。

また掲載する情報に限りが無いので、会社の魅力を大いに伝えることができ、継続して採用活動を行うことが出来るのがコーポレートサイトの強みだと思います。

コーポレートサイト制作方法について

・コーポレートサイトの方向性・目的を明確にする

コーポレートサイトをなぜ制作するのか、コーポレートサイトの目的を明確にする必要があります。

目的によってサイトにどのような機能をつけるか、どのようなコンテンツが必要か、どのようなレイアウトにするかなどが変わっていきます。

またコーポレートサイトはステークホルダーに対して情報を提供するためであることは意識して決定することが重要と言われています 

ステークホルダーとは企業が事業を営むうえで利害が関係する顧客、従業員、株主、債権者、仕入先、得意先、地域社会(住民)、行政機関などの利害関係者の意味。

・コーポレートサイトに掲載する情報を決める

一般的に載せる企業情報としては、企業名、本社や支店などの所在地、資本金、従業員数、取引銀行や企業が行っている事業内容などを明記します。

コーポレートサイトには、事業のコンセプトや企業理念など、ある程度詳しい情報を掲載しておくと読み手が企業の事を理解しやすくなると言われています。

近年では企業ブランドのコンセプトを反映させるのが一般的と言われています。

その企業の企業カラーや、ロゴで多く使われている色をサイトのメインカラーとして使用し、企業をイメージするような色やロゴを使っていくことで、コーポレートサイトが企業を明確にイメージしやすくなるそうです。

・コーポレートサイト作成

 オンラインショップと違って、頻繁にページ内容やデザインなど更新や変更する事がありませんので、最初から内容が充実している完成度が高いサイトを作る事が必要になってきます。

コーポレートサイト作成におすすめ本

WordPressでブログを作ったことはあるけどサイトはよく分からない、HTML/CSSでサイトは作れるけどWordPressで作ったことはない、汎用的なCMSサイトをWordPressで構築したい

中級者がステップアップするのにぴったりな内容になっています。もちろん初級者でも解説が分かりやすいので安心!

小さな会社のWeb担当者になったら読む本 ホームページの制作から運用・集客のポイントまで / 山田案稜 【本】

そもそもなぜ作るのか、作っただけではだめでどう運営するかといった、マネジメントが記載されています。

「小さい会社」との触れ込みですが、王道のことが記載れており、大企業にも十分に通用する内容ではないかと思います。

プログラミングの知識ゼロからできる、本格ビジネスサイト作成本。

これからしっかりとWord pressのカスタマイズ方法を知りたい方は勿論、既に仕事にしている人が復習用に使うのにもおすすめです。

新人デザイナーの教科書と呼べるような一冊です。

Web制作する上でWordPressを使う場合がありますが、初めてWordPressを触れる人でもわかりやすく書かれています。

 最後に話題のおすすめコーポレートサイトをチョッとご紹介します!

年間2,100万人のBBQ消費者とニッポンハムグループを繋げるBBQ情報メディアサイトです。

充実した機能と独自取材に基づいた良質な情報を豊富にお届けすることで、月間数十万人以上の消費者接点拡大に成功しました。

また消費者のBBQ意欲を刺激する「楽しく美味しい」コンテンツ作りにもこだわっており、喚起したBBQ関連食材の需要がニッポンハムグループのブランドや商品に繋がるよう運営していきます。

マキタスポーツ氏とブランドマネージャーとの対談形式でブランドのこだわりを伝えるサイトを「おわび」という形式で展開。

サイト公開直後に、Twitterのトレンド入りし、2万ツイート以上を拡散。サイトPVは一瞬で100万を超え、20161月および2月の商品の売り上げは前年比150%を達成。

結果「10分どん兵衛」は「カンヌライオンズ2016」でPR部門ブロンズを受賞。どん兵衛ブランドは過去最高売上達成。

まとめ

コーポレートサイトは企業にとってブランディングの手段でもあり、採用活動の手段、さらには営業活動の切り札にもなります。

良いコーポレートサイトは閲覧数が増え、それだけ多くの人がその企業のことを知ることになります。

サイト作成にはコストがかかりますが、その後に得られるメリットもあるので企業にとってはコーポレートサイトの重要性は高いものだと言えるでしょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事