pickup
photoshop線の抽出

アナログで描いた絵をパソコンで着色したい!

ペンタブに慣れなくて線画が綺麗に描けない方や、下描きから線画はアナログ派の方に向けてPhotoshop(CC)で綺麗な線を抽出する方法を紹介します。

私は下書きの段階でかなり線の量が多いし、手の摩擦による汚れも多いのでこの機能は必須です。

私なりの方法なので他にもっといい方法があれば教えてください(笑)

スポンサーリンク

・スキャン〜色調補正

下書きした原稿をスキャンしてPCにPDFファイルを保存します。

※保存方法はPDFでもJPGでもどっちでも大丈夫です。

  • PDFファイルをPhotoshopで開きます。

レイヤーパネルにイラストレイヤーができます

方眼用紙の線が入っていても次の工程で綺麗にする事が出来るので気にしなくても大丈夫です。。

色調補正

ラフ画や下書きの消し残しや汚れなどの余分な物を消して、全て無かった事にしてくれる機能です。この補正を行う事で線画のみを強調する効果が得られます。

    色調補正

    イメージ→色調補正→明るさ・コントラストレベル補正の2ヶ所でで黒の色をハッキリさせます。(消しきれなかった部分は消しゴムツールで消します。)

    レイヤーパネルに補正レイヤーができます。

    ※色調補正は主に写真などの画像を編集する機能で、フォトグラファーの方が多く使う機能になります。

    他にも様々な機能がありますが、イラストの余分な部分を消すくらいならこれくらいで十分だと思います。

    ・線だけを綺麗に抽出

    線画

    線を抽出する際に、抽出漏れがないように線に出る余分な色を黒に統一していきます。

    出来上がったレイヤー(一番下にイラストがあり透明なフィルムが乗っていると考えてください)を1枚にまとめて線を抽出しやすくしていきます。

    線画を完全なモノクロに変換

    線画を抽出する時に線画の一部が欠けたりする原因になってしまうので、完全なモノクロ階調する事で線画の抽出精度を高める事が出来ます。

    スキャン(印刷のカラー設定RGB)した画像を拡大すると線に色収差的なものが出ているのがわかります。(赤、青、緑)をこの工程で取り除きます。

    • イメージ→色調補正→白黒

    レイヤーパネルに白黒補正レイヤーが表示されます(白黒レイヤー)これで完全なモノクロ階調のイラストになりました。

    レイヤーの結合

    上記でできた、イラストレイヤー、レベル補正レイヤー、白黒レイヤーを結合させます

    バラバラに調整した3枚の紙を1枚にするイメージです。

    • 白黒レイヤー・レベル補正レイヤー・イラストレイヤーを全て選択
    • 右クリック→レイヤーの結合(またはメニュー→レイヤー→レイヤーの結合)(ショートカット:Win Ctrl+E・Mac ⌘+E)です。

    線画を抽出

    スキャンした画像やレイヤー結合済みの画像を編集する場合、最初に線画を抽出しておくと線画だけを動かしたり、線画の色だけを変更したりできるので便利です。

    チャンネル

      • 上記で結合したイラストレイヤーを選択した状態でチャンネルパネルを開きます。
      • ウィンドウ→チャンネル
      • チャンネルパネル下の「チャンネルを選択範囲として読み込む」をクリック

      これで線画を省く背景のみが選択されます。

      このまま背景を取り除きます。

      • 選択範囲を保持した状態で編集→カット(またはショートカット:Win Ctrl+X・Mac ⌘+Xで背景を切り取ります)

      透明なレイヤーの上に線だけを抽出する事ができました!

      線画の調整

      筆圧の弱い方などは色調補正の段階でやりすぎると線画が薄くなってしまい、線の強さが弱いと感じる場合があります。その場合、線画の調整をして修正していきます

      線画の調整にもレベル補正を使います

      レベル補正や白黒レイヤーなどの補正レイヤーは通常だと補正レイヤー以下のすべてのレイヤーに適応されるのでクリッピングマスクを使ってレベル補正を線画レイヤーのみに適用させる必要があります。

      クリッピングマスク

      • レベル補正レイヤーを選択した状態で右クリック→クリッピングマスクを作成をクリックします。

      これでレベル補正が線画レイヤーのみに適用されました。

      この調整で線の太さというか強さを調整する事が出来るので好みのニュアンスになるよう調整して下さい。

      クリッピングマスクとは
      クリッピングマスクとはレイヤーの透明部分を利用したマスクです。
      透明部分が見えなくなり、レイヤー内でオブジェクトがある箇所のみが表示されるようになります。

      ・まとめ

      以前の私は下書きから着色までアナログ派だったんですが、『イラストをパソコンにデータとして残したい』と思いペンタブを購入しました。しかし慣れるのに時間がかかった為、下書き〜線画が思うようにはかどらずに苦戦していました。

      その時は今回ご紹介したこの機能が大変役に経ちました!

      今は駆け出しですがWEBデザイナーになりイラストを描く機会も多くなったため、Wacom Cintiq 16 に買い換えたところ、紙にペンで描いているかのように作業が捗るようになり、完全デジタル化に移行しました。

      描く絵のテイストにもよると思いますが、簡単なイラストなら、色調補正から線の抽出だけでもそれなりに綺麗に見えます。

      これからデジタル絵を始める方のお役に立てれば嬉しいです。

      ペンタブから液タブに買い替えた理由は別記事で紹介しているのでよかったらそちらもご覧ください。

      スポンサーリンク

      Twitterでフォローしよう

      おすすめの記事